赦免花 作品情報

しゃめんばな

流刑になった女郎と侍の悲恋を描く時代劇

赦免花のイメージ画像1
赦免花のイメージ画像2

江戸時代末期。武士・早坂憲吾は、幕府にそむいて流刑となり、極寒の佐渡島へと流される。そして、憲吾は、“火付けの罪”という身に覚えのない罪で、同じ流人船に乗り合わせた女たちと共に生活を送っていた吉原の女郎・お雪と出会う。憲吾とお雪の二人は間もなく愛し合うようになり、お雪は憲吾の子供を身ごもる。しかし、いずれ赦免されるであろう憲吾を想うと、独りで子供をこの島で育てる自信のないお雪は堕胎しようとし、厳しい自然の中で、自分を傷めつけるのだった…。春が訪れ、野草に紅い花が咲き乱れる時分、ある日、赦免状が憲吾のもとに届く。島の流人たちが信じる「春に紅い花が咲く頃、お赦免船が来る」という伝説の通り、赦免船の来る日が近づいていた。

「赦免花」の解説

ハリウッド仕込みの特機(特殊機械)のスペシャリストが、“日本の心”を魅せる時代劇エンターテイメント。特機監督として有名監督と数々の日本映画の第一線の現場を共に歩んできた軽部進一監督自らが、「世界で初めてとなる特機の使い方をしたい」という熱い想いのもと、今回新しく生み出した撮影技法“4シーンワンカット”など様ざまな特機技法に挑戦し、時代劇映画を見慣れた者にこそ驚きを与える日本映画の新たな表現に成功している。出演は主演の市瀬秀和を中心に、竹中直人、竹内力、片岡愛之助、川野太郎といった豪華実力派俳優が脇を固め、重厚感のある物語へと仕立てた。音楽総指揮として、本作で初の映画音楽を手がける河村隆一が参加。(作品資料より)

赦免花のイメージ画像3

公開日・キャスト、その他基本情報

公開日 2013年3月16日
キャスト 監督軽部進一
出演市瀬秀和 竹中直人 川野太郎 石堂夏央 高野モニカ 安井真理子 西条美咲 中村有志
ナレーション水谷八重子
配給 nktエンターテイメント
制作国 日本(2011)
上映時間 107分

(C)「赦免花」製作委員会

手軽に動画で視聴する

ユーザーレビュー

レビューの投稿はまだありません。

「赦免花」を見た感想など、レビュー投稿を受け付けております。あなたの映画レビューをお待ちしております。

最終更新日:2021-02-18 11:06:49

広告を非表示にするには