黒執事 作品情報

くろしつじ

若き伯爵に仕える男の正体は、あくまで執事

黒執事のイメージ画像1
黒執事のイメージ画像2

世界が西側と東側で分断されている時代。西側を統治する女王は、東側に諜報活動を行う“女王の番犬”を送り出していた。ある国で、各国の大使館員が相次いでミイラ化して死亡するという事件が起こる。“女王の番犬”である若き伯爵、幻蜂清玄(げんぽうきよはる)は、執事のセバスチャンと共に調査に乗り出した。ある製薬会社社長が主催する秘密のパーティーがあやしいと睨んだ二人は、叔母の華恵の人脈を使い、パーティーに乗り込むが…。

「黒執事」の解説

1600万部の発行部数を誇り、世界で人気の枢やな原作のコミックス「黒執事」。19世紀イギリスを舞台にしたこの物語の舞台を“近未来のある国”に変更し映画化したのが、本作『黒執事』だ。容姿端麗、頭脳明晰、すべてにおいて完璧で有能な執事・セバスチャンを演じるのは、3年ぶりの映画出演となる水島ヒロ。ディナーナイフを片手に、華麗なアクションも披露している。そして、そのセバスチャンが仕える男装の伯爵・幻蜂清玄を剛力彩芽がゴシック調の衣装に身を包んで演じている。オリジナルストーリーながら、原作に漂うゴシックのエッセンスをたっぷり取り入れた本作、人間ドラマが得意な大谷健太郎、ビジュアルへのこだわりが強いさとうけいいちの二人が共同で監督を手がけている。

黒執事のイメージ画像3

公開日・キャスト、その他基本情報

公開日 2014年1月18日
キャスト 監督大谷健太郎 さとうけいいち
原作枢やな
脚本黒岩勉
出演水嶋ヒロ 剛力彩芽 優香 山本美月
配給 ワーナー・ブラザース映画
制作国 日本(2013)
上映時間 119分

(C)2014 枢やな/スクウェアエニックス (C)2014 映画「黒執事」製作委員会

動画配信で映画を観よう!

テレビアニメ版を観る

黒執事

黒執事(シーズン1)

※2019年9月5日時点の情報です。

ユーザーレビュー

総合評価:4.15点★★★★☆、62件の投稿があります。

P.N.「NAOYA∞」さんからの投稿

評価
★★★☆☆
投稿日
2016-11-01

思いの外良くも悪くもなかったと思います。ただ、きれきれのアクションは素晴らしかったですが、水嶋ヒロさんは、確かにセバスチャンには見えませんでしたね。セバスチャンの決め台詞が一度もなかったのも残念ですし、剛力さん、山本さんにはもう少し演技を頑張ってもらいたかった。最近ほとんど見かけない水嶋さんやファンのためには続編もありかな。

最終更新日:2021-04-07 15:34:20

広告を非表示にするには