執炎 作品情報

しゅうえん

戦争によって無残に引き裂かれる悲恋

平家落人部落の娘が網元の息子と知り合い結婚するが、男は戦争に赴き負傷して帰還する。娘の必死の介護で男は快復するが、再び赤紙が届き……。

「執炎」の解説

戦争という悲惨な状況を背景に若い男女の純愛を綴る、監督・蔵原惟繕と脚本・山田信夫の名コンビによる秀作。主演は浅丘ルリ子と伊丹十三。原作は加茂菖子の小説で、1982年には、『炎の舞』というタイトルで、山口百恵と三浦友和の主演コンビ9作目の映画として製作されている。(作品資料より)

公開日・キャスト、その他基本情報

キャスト 監督蔵原惟繕
出演浅丘ルリ子 伊丹十三 芦川いずみ
制作国 日本(1964)
上映時間 120分

ユーザーレビュー

レビューの投稿はまだありません。

「執炎」を見た感想など、レビュー投稿を受け付けております。あなたの映画レビューをお待ちしております。

最終更新日:2016-08-07 00:01:55

広告を非表示にするには