愛、アムール 作品情報

あいあむーる

名匠ハネケが描く老夫婦の最期の愛の物語

愛、アムールのイメージ画像1
愛、アムールのイメージ画像2

パリの高級アパルトマンで悠々自適の生活を送る音楽家の老夫婦、ジョルジュとアンヌ。しかしその生活はアンヌの急な発病で暗転する。入院したアンヌを、本人の希望により自宅に連れ帰ったジョルジュは、家で介護する事にするが、アンヌの病状は悪化する一方。看護師に加え雇ったヘルパーに心ない仕打ちを受けた二人は次第に孤立していく。娘のエヴァが心配してアパルトマンを訪ねてみると、そこには憔悴したジョルジュがいた…。

「愛、アムール」の解説

人間誰しも避けて通る事のできない「老い」と「死」。『ピアニスト』などの衝撃作、問題作で世界中の映画ファンを震撼させてきたミヒャエル・ハネケ監督が次に取り組んだテーマは、一組の老夫婦の愛の行く末だった。夫ジョルジュを演じるのは『男と女』でその名を知らしめたジャン=ルイ・トランティ二ャン。妻アンヌには、広島を舞台にした『二十四時間の情事』で日本の観客にも馴染みが深いエマニュアル・リヴァ。フランスを代表する二人が見せる、一人の男が一人の女とともに生きてきた道のりの確かさ、充実と尊厳、それゆえの気高さは、観客の胸に迫る。カンヌ映画祭で『白いリボン』に続き、パルムドール(最高賞)を受賞した。

愛、アムールのイメージ画像3

公開日・キャスト、その他基本情報

公開日 2013年3月9日
キャスト 監督・脚本ミヒャエル・ハネケ
出演ジャン=ルイ・トランティニャン エマニュエル・リヴァ イザベル・ユベール アレクサンドル・タロー
配給 ロングライド
制作国 フランス=ドイツ=オーストリア(2012)
上映時間 127分

(C)2012 Les Films du Losange - X Filme Creative Pool - Wega Film - France 3 Cinema - Ard Degeto - Bayerisher Rundfunk - Westdeutscher Rundfunk

手軽に動画で視聴する

ユーザーレビュー

総合評価:5点★★★★★、1件の投稿があります。

P.N.「pinewood」さんからの投稿

評価
★★★★★
投稿日
2018-05-20

Fox moviesの深夜放映で映画〈女子大生レア~秘密の仕事〉を観ていてヒロインが認知症の母の介護をするシーンで本編の事を思い浮かべた…。そんな親の介護やナイトクラブでのバイトの傍ら眠い眼で大学で社会学を必死に学ぶ彼女だったが、其の講義の担任教授は何時も嫌味っぽくて次第にフラストレーションが貯まって行くー。一筋縄では行かないけれど、ラストの海辺のシーンも中々に美しい!格調の高さでは、本編にひけを取らない社会派作品何だ??

最終更新日:2019-10-11 10:26:07

広告を非表示にするには