サイド・バイ・サイド:フィルムからデジタルシネマへ 作品情報

さいどばいさいどふぃるむからでじたるしねまへ

フィルムがなくなる? 映画の未来を考える

サイド・バイ・サイド:フィルムからデジタルシネマへのイメージ画像1

およそ100年間の間、映画の記録フォーマットはフィルムだった。しかしデジタル技術の発達によって、現在は編集から撮影の現場に至るまでフィルムは消えつつある。本作はキアヌ・リーブスを案内役に、現在第一線で活躍する映像派の監督や撮影監督たちへ、フィルムかデジタルか、そしてフィルムは消えて行くのかを問うドキュメンタリーだ。推進派のジョージ・ルーカスから今もフィルムにこだわるクリスファー・ノーランまで、肯定派、否定派、中間派、それぞれの意見が並ぶ。はたしてフィルムはなくなるのか。

「サイド・バイ・サイド:フィルムからデジタルシネマへ」の解説

音楽を聴く媒体がLPレコードからCDに替わったとき、市場だけでなく聴く側にも大きな変化が訪れた。そしていまやCDも古い媒体となりつつある。それと同じような変化が、いま正に映画界に押し寄せている。初期のデジタルシネマは、ドキュメンタリー風の荒々しい画像が特徴で、美しく繊細な画像ではフィルムにはかなわないと思われていた。ところがここわずか数年でカメラの性能が飛躍的にアップし、フィルムとの差が次第になくなっていく。それまで導入に躊躇していた監督たちも、次々とデジタルへと移行して行く。皮肉なことに、技術が高くなればなるほどフィルムに近くなり、観客はそれがデジタルであることに気づかなくなる。このドキュメンタリーは、フィルムという文化が消え去る寸前の、まさに過渡期である“いま”を切り取った見応えのある作品だ。

公開日・キャスト、その他基本情報

公開日 2012年12月22日
キャスト 監督クリス・ケニーリー
出演キアヌ・リーブス マーティン・スコセッシ ジョージ・ルーカス ジェームズ・キャメロン デヴィッド・フィンチャー デヴィッド・リンチ クリストファー・ノーラン
配給 アップリンク
制作国 アメリカ(2012)
上映時間 99分

(C)2012 Company Films LLC all rights reserved.

手軽に動画で視聴する

ユーザーレビュー

レビューの投稿はまだありません。

レビューを投稿する

「サイド・バイ・サイド:フィルムからデジタルシネマへ」を見た感想など、レビュー投稿を受け付けております。あなたの映画レビューをお待ちしております。

最終更新日:2018-12-13 15:36:47

広告を非表示にするには