渾身 KON-SHIN 作品情報

こんしん

隠岐を舞台に古典相撲を通して描く家族の形

渾身 KON-SHINのイメージ画像1
渾身 KON-SHINのイメージ画像2

島根県の隠岐で生まれ育った多美子は、妻に先立たれた英明と結婚。前妻との間に生まれた娘・琴世と3人で暮らしている。琴世がまだ自分を「お母さん」と呼んでくれない事に、複雑な思いを抱いていたが、慎ましい暮らしに幸せを感じていた。隠岐で20年に一度しか開かれない古典相撲大会に英明が名誉ある最高位・正三役大関として土俵にあがる事になる。地域の名誉や家族への思いを胸に大一番に向かう英明を、多美子はじっと見守る。

「渾身 KON-SHIN」の解説

島根県に腰を据え、『白い船』『うん、何?』そして『RAILWAYS 49歳で電車の運転士になった男の物語』といった良作を発表してきた錦織良成監督が、隠岐に伝わる伝統行事「隠岐古典相撲」を通して、島とともに生きる家族の姿を描いたヒューマンドラマ。名誉ある力士に選ばれた者の心技体、観客の喧騒と熱気とともに再現された神事たる古典相撲は一見の価値がある。そして、地域コミュニティ特有の“地縁”や相撲を巡るさまざまな人間関係を通じて、絆とは、家族とは何かを問いかける。主演の伊藤歩が芯の強いヒロインを好演、「劇団EXILE」の青柳翔が今作で本格映画デビューを飾っているのも話題。

公開日・キャスト、その他基本情報

公開日 2013年1月12日
キャスト 監督・脚本錦織良成
原作川上健一
出演伊藤歩 青柳翔 甲本雅裕
配給 松竹
制作国 日本(2012)
上映時間 134分

(C)2012「渾身」製作委員会

ユーザーレビュー

総合評価:5点★★★★★、1件の投稿があります。

P.N.「pinewood」さんからの投稿

評価
★★★★★
投稿日
2018-07-04

錦織良成監督の渾身の一作だろう??青柳翔と伊藤歩らのコンビネーションも絶妙で元気の出る映画だね…。そのファイター振りは日本版の映画「ロッキー」だ何だ。隠岐島秘宝展とか写真展で古典相撲の話は聴いたことが在ったし、長谷川初範が美大の公開講座のゲストで来ていた時にも本編が話題に為って居たと想う、矢張り渾身の演技で佳かったんだ??????

最終更新日:2019-11-19 17:44:57

広告を非表示にするには