ビルマの竪琴 総集編 作品情報

びるまのたてごとそうしゅうへん

市川崑監督感動の二部巨編の編集版

1945年の夏、敗残の日本軍はビルマの国境を越え、タイ国へ逃れようとしていたが、その中にビルマの堅琴に似た手製の楽器に合せて、「荒城の月」を合唱する井上小隊があった。水島上等兵は竪琴の名人で、その土地の者に変装しては斥候の任務を果し、竪琴の音を暗号にしていた。やがて、小隊は国境の近くで終戦を知り、武器を捨てた。彼らは遥か南のムドンに送られることになったが、水島だけは三角山を固守して抵抗を続ける日本軍に降伏の説得に向ったまま、消息を絶ってしまった。収容所の鉄条網の中、隊員たちは水島の安否を気遣っていた。そんな彼らの前に、肩に青いインコを乗せた水島によく似た僧が現れる。隊員は思わずその僧を呼び止めたが、僧は一言も返さず、逃げるように歩み去ってしまった。

「ビルマの竪琴 総集編」の解説

太平洋戦争末期のビルマを舞台に、僧侶になった日本兵の姿を通して人間愛を壮大なスケールで描いた反戦映画。竹山道雄が一高教官として多くの教え子を戦場に送り出した体験に基づき執筆した同名小説を市川崑監督が映画化。1956年の公開当時は2部作として製作されたが、現存するのは「第一部」「第二部」を編集した「総集編」のみ。水島上等兵を安井昌二、井上隊長を三國連太郎が演じている。1956年ヴェネツィア国際映画祭でサン・ジョルジオ賞を受賞。1957年のアカデミー外国語映画賞にもノミネートされている。1985年には中井貴一、石坂浩ニを主演に迎え、市川崑自らが監督を務めたリメイク版も製作された。

公開日・キャスト、その他基本情報

キャスト 監督市川崑
出演安井昌二 三國連太郎 浜村純 内藤武敏 西村晃
制作国 日本(1956)
上映時間 116分

手軽に動画で視聴する

ユーザーレビュー

総合評価:5点★★★★★、1件の投稿があります。

P.N.「水口栄一」さんからの投稿

評価
★★★★★
投稿日
2020-05-18

ビルマの竪琴はは少年時代、単行本で読んだ。大人になってこの映画を観た時、水島上等兵の生き方に共感した。今でも素晴らしい映画だと思う。

最終更新日:2020-05-23 16:00:08

広告を非表示にするには