産業スパイ 作品情報

さんぎょうすぱい

工藤栄一が監督したスパイ・アクション

一匹狼の産業スパイ木暮孟は、某製鉄会社が開発した圧延機の設計図を、日進コンツェルンに売込んだが、調査室長沢田は、すでにその内容をキャッチしていた。彼もまた産業スパイだったのだ。沢田は、日進建設社長の座を狙っており、そのためにはエンペラーモーターズが発明した新型エンジンの設計機密が必要だった。そうとは知らない木暮は沢田からの依頼をのんだ。期限一週間、報酬三百万円。木暮は早速エンペラーモーターズ秘書課の三木陽子、北村和枝を手懐け、情婦政美を使って機密を一手に握る重役川西に近づけた。川西は京都のホテルから走行テストの指令を出していた。色仕掛けで彼に接近した政美のネックレスには、小型マイクが仕掛けられていた。もはやエンジン設計の機密は未知のものではなくなった。木暮は北海道へ飛ぶとヘリコプターから走行テストの模様をカメラにおさめた。木暮のもたらせた写真は、沢田の計画を着々と成功に導いた。沢田はエンペラーモーターズ社長松井の一人娘博子との結婚を条件に、その写真を松井に売渡した。さらに沢田の目的は、博子の祖父で中央電力総裁松井太造にとり入り、白馬ダム建設を日進建設に請負わせることにあった。

「産業スパイ」の解説

「喜劇 競馬必勝法 大穴勝負」の野上龍雄がシナリオを執筆し、「十一人の侍」の工藤栄一が監督したスパイ・アクション。撮影は「男の勝負 白虎の鉄」の古谷伸。(キネマ旬報 全映画作品データベースより抜粋)

公開日・キャスト、その他基本情報

キャスト 監督工藤栄一
出演梅宮辰夫 大信田礼子 待田京介 石山健二郎 志村喬
制作国 日本(1968)

ユーザーレビュー

レビューの投稿はまだありません。

「産業スパイ」を見た感想など、レビュー投稿を受け付けております。あなたの映画レビューをお待ちしております。

最終更新日:2016-02-12 16:09:29

広告を非表示にするには