美男城 作品情報

びなんじょう

佐々木康が監督した娯楽時代劇

関ケ原の合戦で徳川方が勝利を得た裏には、美濃の国日坂の城主・伊能盛政の大阪方に対する裏切りがあった。盛政の子主馬之介にとって、この父の行為は死にまさるものだった。彼は父の殺害を心に決めた。一方家康は、勝利をもたらせた盛政ではあったが、その謀叛を心よく思わず、盛政・主馬之介暗殺を図った。主馬之介と幼馴染ではあったが野心家の頼之助は、主馬之介に惹かれている妹・千草の気持を利用、主馬之介を屋敷に引き入れ毒を盛った。土牢に入れられた主馬之介に、外から鍵が渡された。

「美男城」の解説

「いろは若衆 ふり袖ざくら」の佐々木康が監督した娯楽時代劇。撮影は「殿さま弥次喜多 怪談道中」の坪井誠。(キネマ旬報 全映画作品データベースより抜粋)

公開日・キャスト、その他基本情報

キャスト 監督佐々木康
出演萬屋錦之介 丘さとみ 大川恵子 桜町弘子
制作国 日本(1959)

ユーザーレビュー

レビューの投稿はまだありません。

「美男城」を見た感想など、レビュー投稿を受け付けております。あなたの映画レビューをお待ちしております。

最終更新日:2019-04-14 00:01:59

広告を非表示にするには