「わたし」の人生~我が命のタンゴ~ 作品情報

わたしのみちわがいのちのたんご

認知症の父と、その家族の絆を描く感動作

「わたし」の人生~我が命のタンゴ~のイメージ画像1

家事や育児に追われてきた主婦・百合子は、子育てを終え、長年の夢である大学教授への道を歩き始めようとしていた。そんな矢先、元大学教授の父・修次郎が痴漢行為で警察に保護された。異変を心配した百合子は修次郎を病院へ連れて行くが、そこで父が認知症だと判明する。病気の進行への不安と介護という現実に衝突し、離ればなれになっていく家族。そんな時、百合子は同じ状況の家族が集う認知症の「家族の会」の存在を知る。

「「わたし」の人生~我が命のタンゴ~」の解説

認知症を発症した父親とその娘が、アルゼンチンタンゴを通して家族の絆を再確認していく姿を、実際にあったエピソードを基に描く。本作は、監督デビュー作『受験のシンデレラ』でモナコ国際映画祭4冠に輝いた和田秀樹監督よる感動作だ。精神科の現役医師であり、20年以上にわたり老年医療に取り組んできた和田監督が、現在の日本の介護に関する問題を浮き彫りにしながら、家族とその周辺で認知症に向かい合う人々のリアルな苦悩と希望を描きだしている。数多くのテレビドラマや映画に出演してきた秋吉久美子と橋爪功のベテラン二人の味わい深い演技が、これからの介護の在り方を説得力のあるものにしている。

公開日・キャスト、その他基本情報

公開日 2012年8月11日
キャスト 監督・原作和田秀樹
出演秋吉久美子 橋爪功 冴木杏奈 松原智恵子 小倉久寛 木下あゆ美 斉木しげる 辻本祐樹
配給 ファントム・フィルム
制作国 日本(2012)
上映時間 104分

(C)2012「わたし」の人生 製作委員会

手軽に動画で視聴する

ユーザーレビュー

レビューの投稿はまだありません。

レビューを投稿する

「「わたし」の人生~我が命のタンゴ~」を見た感想など、レビュー投稿を受け付けております。あなたの映画レビューをお待ちしております。

最終更新日:2019-03-18 13:15:46

広告を非表示にするには