容疑者、ホアキン・フェニックス 作品情報

ようぎしゃほあきんふぇにっくす

全米が激怒した、お騒がせドキュメンタリー

容疑者、ホアキン・フェニックスのイメージ画像1
容疑者、ホアキン・フェニックスのイメージ画像2

2008年末。故・リヴァー・フェニックスの実弟であり、『グラディエーター』『ウォーク・ザ・ライン』で2度のオスカー候補に選ばれた世界的スター、ホアキン・フェニックスが、突然の俳優引退とラッパー転向を宣言、突如として表舞台から姿を消した。そのニュースは瞬く間に世界中を駆け巡り、ファンたちは悲しみの涙にくれた。それから数カ月後、既に完成していた主演作PRのため、一度だけTVの生放送に出演したホアキン。だがこれまでのホアキンの姿は見る影もなく激太りし、長い髭は生やし放題、明らかに挙動不審で、会話すらままならない。「彼は精神的に疲弊し、薬物に溺れてしまったのだ…」人々はそう囁き、誰もが彼を心から心配していた。一体ホアキンの身に何が起きたのだろうか……。

「容疑者、ホアキン・フェニックス」の解説

ホアキン・フェニックスが俳優引退&ラッパー転向を宣言してから2年。変わり果ててしまったホアキンに、ベン・アフレックの実弟である人気俳優ケイシ・アフレックが密着。そこにはホアキンが人生に苦悩しながらも、ラッパーを目指し必死で生きる姿が映し出されていた。……が!全米公開から2週間後、実は引退も苦悩も大ウソで、すべてはジョークだったことが発覚。実際に引退表明以降、すべての仕事をキャンセルし、巨額の自費を注ぎ込んでまで作り上げた、この一世一代の大イタズラに、アメリカ中がすっかりダマされていたのだ!この日から、同情ムード一色だった世論は一変、彼の熱心なファンまでもが大激怒し、ホアキンは一瞬にして全国民を敵に回してしまったのだった。そんな全世界に無数の被害者を生み出したホアキンの“大ウソ”遂に日本公開。(作品資料より)

容疑者、ホアキン・フェニックスのイメージ画像3

公開日・キャスト、その他基本情報

公開日 2012年4月28日
キャスト 監督・出演ケイシー・アフレック
出演ホアキン・フェニックス アントニー・ラングドン ケイリー・ペルロフ ラリー・マクヘイル ジャック・ニコルソン ブルース・ウィリス
配給 トランスフォーマー
制作国 アメリカ(2010)
上映時間 108分

(C)2010 Flemmy Productions, LLC

ユーザーレビュー

レビューの投稿はまだありません。

「容疑者、ホアキン・フェニックス」を見た感想など、レビュー投稿を受け付けております。あなたの映画レビューをお待ちしております。

最終更新日:2019-12-28 00:01:05

広告を非表示にするには