ガール 作品情報

がーる

今の自分は、あの頃、夢見ていた自分?

ガールのイメージ画像1
ガールのイメージ画像2

29歳の由紀子には、年齢も仕事も置かれている境遇も違うけれど、なぜか気の合う3人の親友がいた。彼女たちには何でも正直に話せ、本当の自分でいられるのだ。ある時、その親友たちから、服装が年相応でないと指摘される。“女の子”は潮時なのか。仕事も想像していたほど面白くもなく、かといって結婚するには、今の彼氏は理想とかけ離れすぎている。30歳を目前にし、仕事も恋愛も、この先どうすればいいのだろうか…。

「ガール」の解説

奥田英朗の人気小説「GIRL」を映画化。様々な境遇に置かれた女性たちを主人公に、仕事、恋愛、結婚、出産など、現代女性の悩みや問題を描いている。由紀子と親友3人は、何かある度に集まって悩みを相談し合う、女子会仲間。男性よりも生き方が選べる女性は、その分、抱える悩みや問題も多い。しゃべる事で気持ちを整理し、発散させ、友情を確認し合って、彼女たちはそれぞれのステージに戻っていくのだ。出演は、香里奈、麻生久美子、吉瀬美智子、上地雄輔、要潤、そして向井理という超豪華キャストが総出演。主人公たちに自分を重ねるのが楽しくなるかも。監督は、『60歳のラブレター』の深川栄洋。

ガールのイメージ画像3

あわせて読みたい、関連ニュース

公開日・キャスト、その他基本情報

公開日 2012年5月26日
キャスト 監督深川栄洋
原作奥田英朗
出演香里奈 麻生久美子 吉瀬美智子 板谷由夏 上地雄輔 要潤 林遣都 波瑠 加藤ローサ 向井理 檀れい
配給 東宝
制作国 日本(2012)

(C)2012“GIRL”Movie Project

手軽に動画で視聴する

ユーザーレビュー

総合評価:4.25点★★★★☆、4件の投稿があります。

P.N.「みいな」さんからの投稿

評価
★★★★
投稿日
2012-06-06

海外の、女性達が主人公のドラマっぽくもあったけど、女に生まれて良かった、と思えるような映画です。心に響くセリフもあったし。ただ、主人公達が、皆、美人で背が高くスタイリッシュで、かっこよすぎ。一人ぐらい、ブスでデブな、普通の人がいたら、もっとリアリティーがあるし、共感できたのに。実際に、上地のような旦那がいるとしたら、欲しいものです。

最終更新日:2018-11-01 13:30:03

広告を非表示にするには