キッチン('89) 作品情報

きっちん

少女と風変わりな家族との生活を描く

一人っ子のみかげは、幼い頃両親を亡くしてから祖母と二人暮らしだった。その祖母も他界し、いつしかみかげは台所の冷蔵庫の脇で寝るようになっていた。台所の好きなみかげにとって、そこが一番落ち着ける場所だった。一人ぼっちになったみかげは友人の雄一の厚意で、彼のマンションに引っ越すことになった。ある晩みかげは雄一の母・絵理子を紹介されるが、それは女装した父親の姿だった。こうしてみかげと雄一、絵理子の同居生活が始まった。絵理子はゲイバーのママで夜は遅く、雄一も昼夜が逆の生活だったが、みかげには居心地がよかった。

「キッチン('89)」の解説

台所が好きという天涯孤独の少女と風変わりな青年の家族との同居生活を描く。吉本ばなな原作の同名小説の映画化で、脚本・監督は「愛と平成の色男」の森田芳光、撮影は同作の仙元誠三がそれぞれ担当。

公開日・キャスト、その他基本情報

キャスト 監督森田芳光
出演川原亜矢子 松田ケイジ 橋爪功 吉住小昇 後藤直樹
制作国 日本(1989)

ユーザーレビュー

レビューの投稿はまだありません。

「キッチン('89)」を見た感想など、レビュー投稿を受け付けております。あなたの映画レビューをお待ちしております。

最終更新日:2018-11-25 00:01:59

広告を非表示にするには