レッド・ティアーズ 作品情報

れっどてぃあーず

アクション俳優・倉田保昭、100本目記念作品

レッド・ティアーズのイメージ画像1
レッド・ティアーズのイメージ画像2

都内各地で、頭部を切断された遺体が連続して発見された。事件を追う刑事・野島鉄雄は、失踪者と一緒に証拠写真に写っていた美しい女性・紗代子に心を奪われる。ある時、鉄雄は暴漢に襲われていた紗代子を助けるが、彼女は誰にも言えない悲しい運命を背負っていた。一方、鉄雄の先輩刑事・三島はとある極秘任務に携わっていた。それは、警視庁に組織された超法規的特殊部隊を率い、都会の闇に潜む吸血鬼一族を抹殺する事だった。

「レッド・ティアーズ」の解説

香港製クンフー映画で活躍し、近年も国際的な活躍を続けるアクション映画界の伝説的俳優、倉田保昭が企画&プロデュースした本作は、倉田自身の映画出演作100本目となる記念すべき作品。アクション、バイオレンス、ホラー、そしてラブストーリーと娯楽映画の要素のすべてを盛り込んだ贅沢な内容だ。物語の鍵を握る美女を演じるのは、テレビ、映画と幅広く活躍する加藤夏希。出演にあたりハードなトレーニングを積んで披露した、クライマックスで見せる倉田との壮絶な格闘バトルに、新たなアクション・ヒロインの誕生を感じさせる。また特集造形効果の第一人者・西村善廣による強烈な血まみれシーンの演出も大きな見どころだ。

レッド・ティアーズのイメージ画像3

公開日・キャスト、その他基本情報

公開日 2012年4月7日
キャスト 監督・脚本・撮影辻本貴則
特殊造形監修西村喜廣
出演加藤夏希 石垣佑磨 倉田保昭 山口果林 森田彩華 中村浩二 永井正浩
配給 倉田プロモーション
制作国 日本(2011)
年齢制限 R-15
上映時間 88分

(C)2011 KURATA PROMOTION

ユーザーレビュー

レビューの投稿はまだありません。

「レッド・ティアーズ」を見た感想など、レビュー投稿を受け付けております。あなたの映画レビューをお待ちしております。

最終更新日:2016-02-12 16:07:18

広告を非表示にするには