事件記者 狙われた十代 作品情報

じけんきしゃねらわれたじゅうだい

NHKの連続テレビドラマを映画化 第八篇

深夜の神宮外苑を凄まじいスピードで数台のオートバイが走る。雷族の命知らずのオートレースである。兄貴分の健次、情婦弘子をはじめいずれもハイティーンの面々である。最近仲間入りした忠夫も健次の車を借りて出場していた。最終レースで忠夫が通りかかった学生をひいてしまった。健次の怒声に一同は逃げ出した。レースは当分出来なくなった。健次は忠夫に二万ゆすった。元軍人の父に話せることではなかった。健次の脅迫におびえた忠夫は姉の貯金通帳をねらってみつかり、父壮六に日本刀で追いまわされた。

「事件記者 狙われた十代」の解説

「事件記者 時限爆弾」につづく事件記者シリーズの第八話。スタッフは同シリーズおなじみの顔ぶれ。(キネマ旬報 全映画作品データベースより抜粋)

公開日・キャスト、その他基本情報

キャスト 監督山崎徳次郎
出演永井智雄 大森義夫 原保美 滝田裕介 園井啓介 綾川香
制作国 日本(1960)

ユーザーレビュー

レビューの投稿はまだありません。

「事件記者 狙われた十代」を見た感想など、レビュー投稿を受け付けております。あなたの映画レビューをお待ちしております。

最終更新日:2018-03-21 00:01:21

広告を非表示にするには