千羽鶴秘帖 作品情報

せんばづるひちょう

三隅研次が監督した娯楽時代劇

金山の公金横領を計る大沼下総守一味に父を殺された栗栖圭之助は、父が死の際に一味の罪状を秘かに記した羅針儀を手に入れようと、許婚のみつ江を大沼邸に潜入させた。大沼方の剣客貝塚隼人の情婦天人お滝によって、みつ江の工作は阻まれたが、羅針儀は謎の男、千羽鶴の半次郎が現れてさらっていった。ある夜、お滝が圭之助に捕えられ、羅針儀の行方を追求された。その時、再び半次郎が現れてお滝を逃し、大沼のやり方も悪いが、目的のために手段を選ばぬ圭之助の行為もよくないと忠告を与えて去った。

「千羽鶴秘帖」の解説

「若き日の信長」の八尋不二のオリジナル・シナリオを、「かげろう笠」の三隅研次が監督した娯楽時代劇。撮影は「江戸っ子桜」の武田千吉郎。(キネマ旬報 全映画作品データベースより抜粋)

公開日・キャスト、その他基本情報

キャスト 監督三隅研次
出演市川雷蔵 鶴見丈二 左幸子 中村玉緒 弓恵子 阿井美千子
制作国 日本(1959)

ユーザーレビュー

レビューの投稿はまだありません。

「千羽鶴秘帖」を見た感想など、レビュー投稿を受け付けております。あなたの映画レビューをお待ちしております。

最終更新日:2016-02-12 16:07:00

広告を非表示にするには