かも 作品情報

かも

“夜の青春”シリーズ第四作目

クラブ・ブルースターのキャプテン沢田健は、女をカモりバーやキャバレーをたらいまわしにして金をしぼりとり、今では莫大な金を銀行に貯金していた。彼には「世界中で一番可愛いなア銭だ。もっと可愛いのは俺さまだ」という不条理の強さがあった。そんな健にも、むつと言う風俗嬢の内妻がいた。だが所詮むつも金を絞りとるための道具にすぎなかった。やがてむつにあきたらなくなった健は、同じクラブに働くホステス恵美子をオトしてパトロンを探し“恵美”というバーを開かせ、さらに喫茶ガールゆきと強引に関係を持ち、“恵美”で働かせた。しかし金銭欲のとりこになった健は、こんなことでは満足出来なかった。早速彼は、女工あがりの娘則子をかもって、ホステスに仕立てあげ、バーやキャバレーをたらいまわしにして、金を絞りとった。

「かも」の解説

「いろ」の成澤昌茂がシナリオを執筆、「ダニ」の関川秀雄が監督した“夜の青春”シリーズ第四作目。撮影もコンビの仲沢半次郎。(キネマ旬報 全映画作品データベースより抜粋)

公開日・キャスト、その他基本情報

キャスト 監督関川秀雄
出演梅宮辰夫 緑魔子 大原麗子 原知佐子 北原しげみ 程田光春 八名信夫
制作国 日本(1965)

ユーザーレビュー

レビューの投稿はまだありません。

「かも」を見た感想など、レビュー投稿を受け付けております。あなたの映画レビューをお待ちしております。

最終更新日:2020-02-21 00:10:52

広告を非表示にするには