グスコーブドリの伝記 作品情報

ぐすこーぶどりのでんき

自然の驚異から皆を守る、ブドリの決心

グスコーブドリの伝記のイメージ画像1
グスコーブドリの伝記のイメージ画像2

美しいイーハトーブの森で、両親と妹のネリと幸せに暮らしていたグスコーブドリ。しかし、冷害に見舞われたため、両親は家を出ていく。さらに妹のネリは謎の男に連れ去られ、ブドリは一人になってしまう。その後、出会った人びとの親切を受けなんとか生活してきたブドリは、火山局に勤める事に。火山局では冷害対策の研究などを行っていた。しかし、かつてないほどの冷害が再びやってくる事を知ったブドリは、ある決心をする…。

「グスコーブドリの伝記」の解説

岩手県出身の児童文学作家・宮沢賢治の小説「グスコーブドリの伝記」がアニメになった。ますむら・ひろしの描くネコのキャラクターを、『銀河鉄道の夜』の杉井ギサブロー監督が映画化。「雨ニモ負ケズ」実直に生きて来たブドリが、人びととの触れ合いにより成長し、彼らのために大きな決心をする姿を、ヒロイズムを排し、淡々と描いている。大自然の脅威に脅かされながら、それを利用して生き抜こうとする人びとの姿を、2012年現在の東北の人たちとどうしても重ねて見てしまう人も多いだろう。2011年3月を経験した日本人には、より深くこの映画のメッセージが響く事だろう。主人公のブドリの声を演じるのは、『宇宙兄弟』などで活躍する小栗旬。

グスコーブドリの伝記のイメージ画像3

公開日・キャスト、その他基本情報

公開日 2012年7月7日
キャスト 監督・脚本・絵コンテ杉井ギサブロー
原作宮沢賢治
声の出演小栗旬 忽那汐里 柄本明 佐々木蔵之介 林隆三 草刈民代
配給 ワーナー・ブラザース映画
制作国 日本(2012)

(C)2012「グスコーブドリの伝記」製作委員会/ますむらひろし

手軽に動画で視聴する

ユーザーレビュー

総合評価:2点★★☆☆☆、1件の投稿があります。

P.N.「ハルシュラ」さんからの投稿

評価
★★☆☆☆
投稿日
2012-07-14

パート2に傑作無しの法則ドンピシャ。銀河鉄道の印象で見るとダメです。原作に忠実なアニメ化でもありません。これはこういうものなのだ、という気持ちで。絵としては美しいし、世界観は大好きだけど、“ブスコーブドリの伝記”か、と問われると首をかしげてしまう。


レビューを投稿する

「グスコーブドリの伝記」を見た感想など、レビュー投稿を受け付けております。あなたの映画レビューをお待ちしております。

最終更新日:2017-01-27 15:43:22

広告を非表示にするには