マリリン 7日間の恋 作品情報

まりりんなのかかんのこい

ひとりの青年から見たマリリンの素顔を描く

マリリン 7日間の恋のイメージ画像1
マリリン 7日間の恋のイメージ画像2

1956年、新作映画『王子と踊り子』の撮影のために、マリリン・モンローがイギリスにやってきた。監督&共演は名優ローレンス・オリヴィエ。撮影が始まるが、精神が不安定なマリリンはたびたび遅刻し、オリヴィエらの反感を買う。孤立するマリリンが現場で心を許すのは、この映画の第3助監督コリンだけだった。上流階級の子弟で映画界に飛び込んできたばかりの23歳の青年コリンを、マリリンは何かと指名するようになり、やがて…。

「マリリン 7日間の恋」の解説

エルビス・プレスリーと並ぶアメリカン・ポップカルチャーの巨大なアイコンがマリリン・モンローだが、映画で見せる“オツムは少し弱いけどセクシーで気立てのいいブロンド娘”というパブリックイメージと、実際のマリリンはかなり違っていた。スターではあるが演技に自信がなく、常に誰か頼れる人がいないと精神的に不安定。そんな彼女の素顔を書き残したのは、本作の主人公であるコリン・クラーク。彼の回顧録に記された実話が、この映画の原作。映画好きなら、マリリンだけでなく、実名で登場する有名人たちの素顔も興味深いだろう。『ブルー・バレンタイン』のミシェル・ウィリアムズがマリリンを演じ、その脇を実力派の英国俳優たちが固める。

公開日・キャスト、その他基本情報

公開日 2012年3月24日
キャスト 監督サイモン・カーティス
原作コリン・クラーク
出演ミシェル・ウィリアムズ ケネス・ブラナー エディ・レッドメイン ジュリア・オーモンド エマ・ワトソン ジュディ・デンチ
配給 角川映画
制作国 イギリス=アメリカ(2011)
上映時間 100分

(C)2011 The Weinstein Company LLC. All Rights Reserved.

手軽に動画で視聴する

DVD・ブルーレイ発売情報

マリリン 7日間の恋

マリリン 7日間の恋ジャケット写真
発売日2012年8月3日
価格3,990円(税込)
発売元カルチュア・パブリッシャーズ
販売元角川書店
型番CPDS-10725


【特典】
監督コメンタリー
ミシェル・ウィリアムズ スペシャル映像~初来日&インタビュー他
アメリカのアイコン誕生秘話
マリリンクリップ×2
予告編集

(C)2011 The Weinstein Company LLC. All Rights Reserved.

ユーザーレビュー

総合評価:4.5点★★★★☆、4件の投稿があります。

P.N.「pinewood」さんからの投稿

評価
★★★★★
投稿日
2018-10-02

深夜のテレビ番組でマリリン・モンローの死の真相を廻る検死官のドキュメントを視ていて本編でミシェル・ウイリアムズ嬢がマリリンを演じていたんだなあと其の時に想った…。金髪の軽薄な役処やキャストからの降板や失恋等に悩んでいたとは言え、インテリジェンスな本人はポジテイブな生き方をしていたー。ドキメンタリー番組では睡眠障害に陥ったヒロインの服薬が呼吸困難の事故に繋がったと推測していた。?

最終更新日:2019-07-10 14:31:40

広告を非表示にするには