不良番長 送り狼 作品情報

ふりょうばんちょうおくりおおかみ

「不良番長」シリーズ第4作

神坂が率いるカポネ団は新宿を根城とする不良グループ。彼らがデートクラブを始めたことから、赤線廃止以来の伝統を誇る同業者紅バラ会と対立する羽目になった。神坂は紅バラ会会長大森あいの娘桂子を人質に、商売仇をゆすったが効き目はなかった。というのも、桂子がこの一帯を牛耳る関東挺心会会長川島の女だったから。だが、川島はこの二つのクラブを傘下に収めようと算段していた。

「不良番長 送り狼」の解説

「温泉ポン引女中」の松本功と「極悪坊主 念仏人斬り旅」の山本英明が脚本を共同執筆し、新人の内藤誠が監督した不良番長シリーズ第四作。撮影は「不良番長 練鑑ブルース」の星島一郎が担当。(キネマ旬報 全映画作品データベースより抜粋)

公開日・キャスト、その他基本情報

キャスト 監督内藤誠
出演梅宮辰夫 谷隼人 小松政夫 団巌 鈴木ヤスシ 長井浩二 保高重信 丹下キヨ子
制作国 日本(1969)

ユーザーレビュー

レビューの投稿はまだありません。

「不良番長 送り狼」を見た感想など、レビュー投稿を受け付けております。あなたの映画レビューをお待ちしております。

最終更新日:2016-02-12 16:05:58

広告を非表示にするには