野菊のごとき君なりき('66) 作品情報

のぎくのごとききみなりき

富本壮吉が監督した文芸もの

老人は、六十年前に過ぎ去った、ほのかに若く、そして甘い青春の想い出にひたっていた。--ゆったりとした川の流れる平和な里で、いとこ同士の政夫と民子は、まるで姉弟のようにして育った。民子が十七歳、そして政夫が十五歳の秋。民子は、村一番の旧家の女主人である、病身の政夫の母の看病に、数里離れた川下の町からやって来ていた。二人は幼いころと同じように、ふざけ合い、楽しく語り合った。

「野菊のごとき君なりき('66)」の解説

伊藤左千夫の原作を「香華」の木下恵介が脚色、「妻の日の愛のかたみに」の富本壮吉が監督した文芸もの。撮影もコンビの小原譲治。(キネマ旬報 全映画作品データベースより抜粋)

公開日・キャスト、その他基本情報

キャスト 監督富本壮吉
出演大楠道代 太田博之 楠田薫 川津祐介 原知佐子
制作国 日本(1966)

ユーザーレビュー

レビューの投稿はまだありません。

「野菊のごとき君なりき('66)」を見た感想など、レビュー投稿を受け付けております。あなたの映画レビューをお待ちしております。

最終更新日:2016-02-12 16:05:37

広告を非表示にするには