キツツキと雨 作品情報

きつつきとあめ

映画監督とキコリ、ありえない出会い

キツツキと雨のイメージ画像1
キツツキと雨のイメージ画像2

人里離れた山村に住む克彦は、森林で木々を伐採する、いわゆる木こり。妻に先立たれ、定職に就かない息子と二人暮らしをしていた。ある日、仕事の途中、映画の撮影で山に来た青年、幸一と出会う。車が溝に嵌って身動きが取れない幸一らを撮影現場まで送ると、ゾンビのメイクをされエキストラ出演するハメに。嫌がりながらも内心はまんざらでもない克彦は、やがて幸一の姿に息子と自分自身を重ねるようになり…。

「キツツキと雨」の解説

『南極料理人』の沖田修一が監督を務めるヒューマン・ドラマ。下界から離れた山村で、木々を相手に仕事をする木こりの男と、人生の迷子になりかけている新人映画監督との心の交流を描く。子供の頃、父が買ったビデオカメラがきっかけで映画に夢中になり、老舗旅館を継がず監督になった幸一。「父は後悔しているかも」という幸一に、克彦は「自分が買ったビデオが息子の人生を変えたなんて、大喜びしてるよ」と励ますのだった。出演は、役所広司、小栗旬、高良健吾、臼田あさ美他。『南極料理人』に続き、人間社会から隔離された「山村」を舞台にしているが、小栗旬扮する新人監督の葛藤や克彦のセリフから、沖田監督自身の物語かもとニヤリ。

キツツキと雨のイメージ画像3

公開日・キャスト、その他基本情報

公開日 2012年2月11日
キャスト 監督・脚本沖田修一
出演役所広司 小栗旬 高良健吾 臼田あさ美 古館寛治 嶋田久作 平田満 伊武雅刀 山崎努
配給 角川映画
制作国 日本(2011)
上映時間 129分
TV放映 2019年3月21日 テレビ大阪 シネマクラブ

(C)2011「キツツキと雨」製作委員会

手軽に動画で視聴する

ユーザーレビュー

総合評価:4.6点★★★★☆、5件の投稿があります。

P.N.「ゆーちゃん」さんからの投稿

評価
★★★★★
投稿日
2012-03-14

心があったかくなる映画。驚いたりするような大きな展開はありませんが、その分疲れたりしないし、最後まで楽しく見れます!見て損はしないはず。久しぶりに気持ち良く帰ることができました。恋人、友達、家族、誰と見に行ってもきっと満足して帰れます!

最終更新日:2019-12-04 14:52:36

広告を非表示にするには