CUT 作品情報

かっと

「映画はかつて真に芸術であり、真に娯楽であった!」 映画の真実を取り戻そうとする男の、命を懸けた戦い

CUTのイメージ画像1
CUTのイメージ画像2

昔の名画の自主上映会を開催している映画監督の秀二は、現在の映画界の状況を嘆き、日々、映画のために街頭演説を行っていた。ある日、兄・真吾が死んだ。秀二は映画製作のために、ヤクザだった真吾を通して借金をしており、その借金のせいで真吾は命を落としたのだ。2週間で1254万円の返済を求められた秀二は、ヤクザたちの“殴られ屋”になる事で、借金を返済しようとする。兄の死んだ事務所のトイレで、秀二は毎日殴られ続ける…。

「CUT」の解説

イラン出身の映画監督アミール・ナデリが、西島秀俊を主演に迎え、日本を舞台に撮影した本作。マーケティングに基づいたエンターテインメント映画があふれる現在の映画界への強烈な怒りが伝わってくる作品だ。自身の映画製作資金の借金のために兄を亡くした主人公の秀二は、その金を返すために殴られ屋となる。強烈なパンチを何発も浴びながらも、名画のタイトルを思い出して苦痛に耐える秀二の姿は、さながら映画の神に身を捧げる殉教者のようだ。ナデリ監督の映画への愛と怒りを体現する西島秀俊の演技は、観客を身震いさせる迫力に満ちている。劇中に差し挟まれた溝口健二、黒澤明ら往年の名監督たちの映画の映像も素晴らしい効果を見せている。

CUTのイメージ画像3

公開日・キャスト、その他基本情報

公開日 2011年12月17日
キャスト 監督・脚本アミール・ナデリ
脚本アボウ・ファルマン 青山真治 田澤裕一
出演西島秀俊 常盤貴子 菅田俊 でんでん 笹野高史
配給 ビターズ・エンド
制作国 日本(2011)
上映時間 132分

(C)CUT LLC 2011

手軽に動画で視聴する

DVD・ブルーレイ発売情報

CUT

CUTジャケット写真
発売日2012年7月3日
価格4,935円(税込)
発売元スタイルジャム
販売元ハピネット
型番BBBJ-8750

昔の名画の自主上映会を開催している映画監督の秀二。ある日、兄・真吾が死んだ。秀二は映画製作のために、ヤクザだった真吾を通して借金をしており、その借金のせいで真吾は命を落としたのだ。2週間で1254万円の返済を求められた秀二は、ヤクザたちの“殴られ屋”になる事で、借金を返済しようとする。兄の死んだ事務所のトイレで、秀二は毎日殴られ続ける。何度殴られても、秀二は立ち上がる。秀二は殴られることによって愛する映画を救おうとしているのだろうか…。
【特典】
インタビュー
メイキング
舞台挨拶

CUT LLC 2011

ユーザーレビュー

レビューの投稿はまだありません。

「CUT」を見た感想など、レビュー投稿を受け付けております。あなたの映画レビューをお待ちしております。

最終更新日:2019-11-14 09:28:17

広告を非表示にするには