鬼火('56) 作品情報

おにび

吉屋信子の原作を菊島隆三が脚色したスリラー・ドラマ

ガス会社の集金人忠七は仲々の腕っこきだが、どうやら独身を持て余しているようだ。通り過ぎの女に向ける眼も何か異常である。初秋のある日、忠七は、水原という家に集金に行ったが、そこで、女中を手ごめにする主人水原の姿を見てしまった。眼を吊り上げて佇む忠七に、水原の怒声が飛び、会社の上役に告げると脅かされた忠七は惨めな思いで、その家を出た。やがて忠七は、焼跡の一軒家に来た。友人の吉川に、この家の集金は難しいと云われては来たが、荒れ果てた家屋に、忠七は何か薄気味悪さを感じた。

「鬼火('56)」の解説

監督は「続へそくり社長」の千葉泰樹、撮影は「不良少年(1956)」の山田一夫。主な出演者は「現代の欲望」の加東大介、中村伸郎、「天国はどこだ」の津島恵子、「恐怖の逃亡」の中田康子、「処刑の部屋」の宮口精二など。(キネマ旬報 全映画作品データベースより抜粋)

公開日・キャスト、その他基本情報

キャスト 監督千葉泰樹
出演加東大介 津島恵子 宮口精二 笈川武夫 中村伸郎 中田康子 堺左千夫 清川玉枝
制作国 日本(1956)

ユーザーレビュー

レビューの投稿はまだありません。

「鬼火('56)」を見た感想など、レビュー投稿を受け付けております。あなたの映画レビューをお待ちしております。

最終更新日:2019-06-12 00:01:34

広告を非表示にするには