ザ・ウォード/監禁病棟 作品情報

ざうぉーどかんきんびょうとう

ジョン・カーペンター監督が描く、衝撃のショッキング・サイコ・ホラー

ザ・ウォード/監禁病棟のイメージ画像1
ザ・ウォード/監禁病棟のイメージ画像2

1959年。20歳のクリステンは、放火の罪で特に異常のある者のみを収容する監禁病棟へと送られる。そこには同じような境遇の少女が4人。自分だけは正常だと信じていたクリステンだったが、担当医のカウンセリングを受けた結果、ほとんどの記憶を失っていることに気づく。不安を抱えたまま迎えた夜、クリステンは病棟の廊下を歩くおぞましい顔をした少女の姿を目撃する。この病棟には看護師でもなく、患者でもない何か別の存在がいる……。そして消えていく少女たち。クリステンは必死の思いで病棟から脱出を試みるが、やがて彼女自身想像し得なかった恐ろしいまでの真実に直面する。

「ザ・ウォード/監禁病棟」の解説

『ハロウィン』『遊星からの物体X』でホラー、SFの金字塔を打ちたてた鬼才ジョン・カーペンター監督。『ゼイリブ』『ザ・フォッグ』『ニューヨーク1997』『マウス・オブ・マッドネス』など挑戦的なテーマを扱い、画期的なビジュアルエフェクトや自らプロデュースするサウンドを巧みに操り、映画史に数多の軌跡を残してきた。2002年の『ゴースト・オブ・マーズ』から7年の時を経て沈黙を破る、ショッキング・サイコ・ホラー。主演は、『ゾンビランド』『スモーキング・ハイ』に出演し、『ドライブ・アングリー3D』でヒロインを務めたアンバー・ハード。そのほか、ダニエル・バナベイカー、メイミー・ガマー、リンジー・フォンセカ、ローラ・リー、ミカ・ブーレムなど若手気鋭女優が総出演している。(作品資料より)

ザ・ウォード/監禁病棟のイメージ画像3

公開日・キャスト、その他基本情報

公開日 2011年9月17日
キャスト 監督ジョン・カーペンター
出演アンバー・ハード メイミー・ガマー リンジー・フォンセカ ダニエル・パナベイカー ローラ・リー ミカ・ブーレム
配給 ショウゲート
制作国 アメリカ(2011)
年齢制限 R-15
上映時間 89分

(C)2010, Chamberlain Films, LLC. All rights reserved.

手軽に動画で視聴する

ユーザーレビュー

総合評価:4.5点★★★★☆、2件の投稿があります。

P.N.「pinewood」さんからの投稿

評価
★★★★★
投稿日
2018-06-16

本編は未見だが、本ヒロインと似た名前の車が主役のジョン・カーペンター監督の映画が「クリステイーン」(原作・ステイーブン・キング)だった。廃車同然の自動車が蘇って犯す人間への復習ホラーが、ジュブナイル学園の恋と友情のミステリードラマと一体と為って急展開するんだ…。此れはステイーブン・スピルバーグ監督の「激突!」も想わせるクラッシュ感だ。オールデイーズのロックンロールを奏でて潰されまいと再生する愛車クリステイーンの姿が印象的だね。

最終更新日:2020-10-21 17:56:37

広告を非表示にするには