リメンバー・ミー('10) 作品情報

りめんばーみー

その日、家族は希望を見たのか?ロバート・パティンソン主演、製作総指揮で贈る愛の物語

ニューヨーク大学の聴講生タイラーは、将来も決めず、家族から離れ目標のない生活をしていた。離婚した両親はそれぞれ再婚し、実父は仕事で家族を顧みない。兄の命日だけが家族を繋ぎとめていた。ある日、悪友のいたずらがきっかけで、学部生のアリーと知り合う。最初は警戒していたアリーだが、次第にタイラーに惹かれ、愛し合うように。アリーもまた、幼い頃の事件で家族が崩壊し、父との関係に悩んでいた。

「リメンバー・ミー('10)」の解説

9.11を境に全ての価値観が崩壊したアメリカ。家族の支えがあれば切り抜けられるというポジティブなメッセージを含んだ映画が誕生した。22歳のタイラーにとって大切なのは家族。しかし、名門小学校に通う妹が絵の才能を認められているにも関わらず、全く関心を示さない父親に反発していた。しかし、同じ心に傷を持つアリーとの出会いが、彼と父親の溝を埋めていく。そしてそれがやがて来る困難を乗り越える強い武器になるのだった。「トワイライト」シリーズでスターになったロバート・パティンソンが、『トワイライト』より先に出演を決めていた、複雑なアメリカ社会を描いた人間ドラマ。監督は、『ハリウッドランド』のアレン・コールター。

公開日・キャスト、その他基本情報

公開日 2011年8月20日
キャスト 監督アレン・コールター
製作総指揮・出演ロバート・パティンソン
出演エミリー・デ・レイヴィン ピアース・ブロスナン レナ・オリン ルビー・ジェリンズ テイト・エリントン グレゴリー・ジュバラ
配給 ツイン
制作国 アメリカ(2010)
上映時間 113分

(C)2010 Summit Entertainment, LLC.

手軽に動画で視聴する

ユーザーレビュー

レビューの投稿はまだありません。

「リメンバー・ミー('10)」を見た感想など、レビュー投稿を受け付けております。あなたの映画レビューをお待ちしております。

最終更新日:2020-07-29 14:50:09

広告を非表示にするには