海潮音('80) 作品情報

かいちょうおん

大きな旧家を守る中年の主人、思春期を迎えたばかりの娘と若い叔父、そこへ割り込んだ記憶喪失の女、それぞれの世代の人生と葛藤を描く

北陸の海沿いのある町。実業家で町の実力者でもある旧家、宇島家の主人、理一郎は、ある朝、海辺でずぶ濡れになって倒れている気憶を失った女を助けた。このひとりの不思議な女を迎え、宇島家の人々の心は様々に揺れる。一人娘の伊代も少女らしいとまどいと興味を抱いた。女手ひとつでこの家を守ってきた祖母の図世は、息子の嫁を早く失ったこともあり、女を家に置こうとする理一郎に異議を唱えず彼女を看病する。理一郎は次第に女に魅せられていき、伊代は幼い頃の母の記憶に胸を痛めながら、大人たちの成り行きを見守る。

「海潮音('80)」の解説

脚本、監督は「星空のマリオネット」の橋浦方人、撮影は瀬川浩がそれぞれ担当。(キネマ旬報 全映画作品データベースより抜粋)

公開日・キャスト、その他基本情報

キャスト 監督橋浦方人
出演池部良 荻野目慶子 山口果林 泉谷しげる 浦辺粂子 上月左知子
制作国 日本(1980)

ユーザーレビュー

レビューの投稿はまだありません。

「海潮音('80)」を見た感想など、レビュー投稿を受け付けております。あなたの映画レビューをお待ちしております。

最終更新日:2016-02-12 16:03:42

広告を非表示にするには