オーズ・電王・オールライダー レッツゴー仮面ライダー 作品情報

おーずでんおうおーるらいだーれっつごーかめんらいだー

世界よ、これが日本のヒーローだ!! 仮面ライダー生誕40周年を華々しく祝う超大作!!

モールイマジンと戦っていたオーズの前に、時空を飛び越えられるデンライナーで駆けつけたNEW電王。これから1971年11月11日に逃げたモールイマジンを追いかけるというデンライナーに、映司&アンクは強引に乗車する。NEW電王は過去の世界でモールイマジンを倒すが、アンクが落としたセルメダルが悪の秘密結社ショッカーに渡ったことで、歴史が変わってしまう。再び2011年に戻ってきた映司とアンクが見たものは、ショッカー軍団に支配された暗黒の世界だった…!!

「オーズ・電王・オールライダー レッツゴー仮面ライダー」の解説

今は亡き天才「萬画家」石ノ森章太郎が生み出した、不滅のキャラクター「仮面ライダー」。生誕40周年というメモリアル・イヤーにふさわしく、歴代ライダーが総出演する超豪華な新作映画が製作された。現在放送中の最新シリーズ「仮面ライダーオーズ/OOO」の映司とアンクが、1971年にタイムトラベルしたことで、歴史が激変。ショッカーが日本を支配する世界では、仮面ライダー1号&2号も洗脳されている…という設定のため、元祖ライダー&新世代ライダーの激闘という、ある意味 夢の(?)マッチも実現。さらにあっと驚くキャラクターが特別出演するなど、変身ごっこに夢中になったオトナ世代が「おおおおっ」とどよめく“大出血サービス”の連続だ。またライダーだけでなく、懐かしの敵キャラも続々登場。日本が誇る特撮ヒーローの醍醐味を、心おきなく堪能できる一本だ。

公開日・キャスト、その他基本情報

公開日 2011年4月1日
キャスト 監督金田治
原作石ノ森章太郎
出演渡部秀 桜田通 三浦涼介 高田里穂 桐山蓮 石丸謙二郎 ささきいさお
配給 東映
制作国 日本(2011)

「レッツゴー仮面ライダー」製作委員会 (C)石森プロ・テレビ朝日・ADK・東映ビデオ・東映

手軽に動画で視聴する

ユーザーレビュー

総合評価:3.75点★★★☆、5件の投稿があります。

P.N.「大将」さんからの投稿

評価
★★★★
投稿日
2013-03-18

今までに観たライダー映画の中で一番面白かった。整合性なんて脳内補完。お祭り映画として観れば、他のヒーローやラストのバイクで40も楽しめました。

最終更新日:2019-10-15 13:22:02

広告を非表示にするには