アンダルシア 女神の報復 作品情報

あんだるしあめがみのほうふく

外交官・黒田康作、今回の事件はスペインが舞台。国際的な金融犯罪の真相を暴けるか!?

スペイン北部に位置する小国・アンドラのホテルにて日本人投資家・川島が殺害される。実は川島は日本の警視総監の息子という事で、外交官・黒田康作は調査に飛んだ。事件の捜査は、警視庁からインターポールに出向している捜査官・神足誠が担当していた。黒田は事件の第一発見者のビクトル銀行行員・新藤結花をスペイン・バルセロナの領事館に保護しようとするが、何者かに襲われる。事件の裏には巨額な不正資金が絡んでいた…。

「アンダルシア 女神の報復」の解説

「外交官 黒田康作」シリーズ第二弾。巨額の資金が絡む国際金融犯罪を、外務省の邦人テロ対策室に所属する黒田康作が暴き出す捜査劇。全編海外を舞台に進行するが、中心人物は3人の日本人。中でも重要な鍵を握るのが、黒木メイサ演じる謎の美人銀行員・新藤結花だ。彼女がなぜ狙われるのか?何を知っているのか?織田裕二演じる黒田と、伊藤英明演じるインターポール捜査官の神足が、お互いに対立しながらも結花を守り、事件の真相を暴き出す。雪深いアンドラ、バルセロナ、アンダルシア地方のロンダと、イベリア半島の各地にて撮影された映像も、見応えがある。世界各国を股にかける外交官を主人公とするこのシリーズならではの魅力だ。

公開日・キャスト、その他基本情報

公開日 2011年6月25日
キャスト 監督西谷弘
出演織田裕二 黒木メイサ 戸田恵梨香 福山雅治 伊藤英明 鹿賀丈史 谷原章介 夏八木勲
配給 東宝
制作国 日本(2011)
上映時間 125分

(C)2011 フジテレビジョン/東宝/電通/ポニーキャニオン/日本映画衛星放送/アイ・エヌ・ピー

手軽に動画で視聴する

ユーザーレビュー

総合評価:3.93点★★★☆、14件の投稿があります。

P.N.「花」さんからの投稿

評価
★★☆☆☆
投稿日
2011-08-20

大変スケールの大きな作品でイタリアのきれいな風景に見入ってしまいましたが?終わりかたが今一あれと言う感じだったのが残念でした。

最終更新日:2020-09-27 13:25:53

広告を非表示にするには