ダーティハリー 作品情報

だーてぃはりー

冷酷非情な殺人狂を追う、敏腕刑事の渇いた執念を描く

ダーティハリーのイメージ画像1

ビルの屋上からプールサイドの女が銃撃され、その後、犯人からの脅迫の手紙がサンフランシスコ警察に届いた。10万ドルの要求に応じなければ、次の犠牲者を同じ手口で殺す、狙うのは牧師か黒人だ、とあり“サソリ座の男”とサインされてあった。シスコ市警殺人課のハリー・キャラハンは、少し前に強盗との銃撃戦で脚に重傷を負っていたが、事件を知ると、上司のブレスラーや市長らの意向を無視して、犯人追跡に向かった。

「ダーティハリー」の解説

製作総指揮はロバート・デイリー、製作・監督は「真昼の死闘」のドン・シーゲル、脚本はハリー・ジュリアン・フィンク、リタ・M・フィンク、ディーン・ライズナーの共同、撮影はブルース・サーティーズ、編集はカール・ピンジトアが各々担当。出演はクリント・イーストウッド、ハリー・ガーディノ、レニ・サントーニ、アンディ・ロビンソン、ジョン・ヴァーノンなど。(キネマ旬報 全映画作品データベースより抜粋)

公開日・キャスト、その他基本情報

キャスト 監督ドン・シーゲル
出演クリント・イーストウッド ハリー・ガーディノ アンディ・ロビンソン レニ・サントーニ ジョン・ヴァーノン
制作国 アメリカ(1971)
年齢制限 PG-12

[Amazonで購入]

手軽に動画で視聴する

ユーザーレビュー

総合評価:5点★★★★★、1件の投稿があります。

P.N.「pinewood」さんからの投稿

評価
★★★★★
投稿日
2017-11-27

本編同様に、ドン・シーゲル監督がクリント・イーストウッドとタッグしたスリラー映画〈白い肌の異常な夜〉を観た。女学園での「基督教のピエタの図像」と南北戦争時の北軍伍長のハンサムなイーストウッドがオーバラップして愛欲の渦中に捲き込まれるプロセス。其れは今見ると、アルフレッド・ヒッチコック監督やマーチン・スコセッシ監督作品に共通したもの何だろう。自己犠牲と陶酔・恍惚感が同居する不思議なナイト!


レビューを投稿する

「ダーティハリー」を見た感想など、レビュー投稿を受け付けております。あなたの映画レビューをお待ちしております。

最終更新日:2018-12-09 13:16:19

広告を非表示にするには