ガリバー旅行記 作品情報

がりばーりょこうき

小人たちが暮らすリリパット王国に流れ着いたガリバー。彼は救国のヒーローになれるのか!?

ニューヨークの新聞社で郵便係として働くガリバー。うだつのあがらない彼だが、5年間片思いしている旅行記者のダーシーからバミューダ・トライアングルの取材を持ちかけられ、取材旅行に行く事に。しかしバミューダ沖で嵐に遭遇した彼は、中世風の衣装を着た小人たちが暮らすリリパット王国に流れ着く。一度は囚人として捉えられた彼だが、その体の大きさを活かして敵国の襲撃を蹴散らした事から、英雄として扱われるようになる。

「ガリバー旅行記」の解説

ジョナサン・スウィフトが1726年に発表した小説「ガリバー旅行記」を現代風にアレンジした本作。ジャック・ブラック演じるガリバーは、赤いTシャツにカーゴパンツ、コンバースを身に着けた現代人。対するリリパット王国の小人たちは中世風のクラシカルな衣装を身に着け古風な暮らしをしている。体の大きさの違いだけではなく、新しい文化に出会い、変わっていくリリパット王国の人々の姿もなかなかの見ものだ。KISSの音楽や映画『タイタニック』や『スター・ウォーズ』をフィーチャーして見せるジャック・ブラックらしいオタク心も楽しい。監督は15メートルに巨大化した女性を主人公にした『モンスターVSエイリアン』のロブ・レターマン。

公開日・キャスト、その他基本情報

公開日 2011年4月15日
キャスト 監督ロブ・レターマン
原作ジョナサン・スウィフト
出演ジャック・ブラック ジェイソン・シーゲル エミリー・ブラント
配給 20世紀フォックス映画
制作国 アメリカ(2010)
上映時間 85分

(C)2010 Twentieth Century Fox

手軽に動画で視聴する

ユーザーレビュー

総合評価:2.8点★★☆☆☆、5件の投稿があります。

P.N.「くまこ」さんからの投稿

評価
☆☆☆☆
投稿日
2011-05-10

大人が楽しめるコメディではなかった。吹き替えで見たせいかリズム感も悪かった。巨人の国のドールハウス少女はなかなか笑えて良かったけど。個人的にジャック・ブラックが好きなので残念。

最終更新日:2020-01-22 13:22:58

広告を非表示にするには