まほろ駅前多田便利軒 作品情報

まほろえきまえただべんりけん

三浦しをんの傑作“まほろ駅前シリーズ”を映画化

東京郊外のまほろ市に住む多田啓介は、駅前で便利屋を営む真面目な青年。バツイチの彼は、拭えない過去を持ちながらも地道に仕事をこなしている。ある年の正月、仕事からの帰り道で、別の依頼人から預かったチワワを見失ってしまう。必死に探す多田は、バス停でチワワを抱いている男を見つける。その男は中学時代の同級生、行天春彦だった。よくしゃべる男に変貌していた行天は、事情も告げず「今晩泊めてくれ」と多田に頼む…。

「まほろ駅前多田便利軒」の解説

直木賞に輝く三浦しをんのベストセラー小説を映画化。東京郊外のまほろ市(町田市と思われる)で便利屋を営む多田と、行きがかり上一緒に仕事をする事になる行天――二人のバツイチ男が、クセ者たちのワケあり案件を解決していくという人情ドラマが展開する。多田を演じる瑛太、行天を演じる松田龍平――同級生以上、親友未満の三十男の軽快なかけ合いや痛快なコンビプレーが面白い。『ゲルマニウムの夜』『ケンタとジュンとカヨちゃんの国』と、ビターな青春映画を手掛けてきた大森立嗣監督が、ままならない人生を真摯なまなざしで見つめながらも、随所にユーモアをちりばめ、生きる事の幸せを浮かび上がらせる温かい人情ものに仕上げた。

公開日・キャスト、その他基本情報

公開日 2011年4月23日
キャスト 監督・脚本大森立嗣
原作三浦しをん
主題歌くるり
出演瑛太 松田龍平 片岡礼子 鈴木杏 本上まなみ 柄本佑 横山幸汰 梅沢昌代 大森南朋 松尾スズキ 麿赤兒 高良健吾 岸部一徳
配給 アスミック・エース
制作国 日本(2011)
上映時間 123分

(C)2011「まほろ駅前多田便利軒」製作委員会

手軽に動画で視聴する

ユーザーレビュー

総合評価:3.4点★★★☆、5件の投稿があります。

P.N.「しんのすけ」さんからの投稿

評価
★★★☆☆
投稿日
2011-06-03

もう少しだった。せっかく龍平なんだから、探偵物語的なノリでやればスカッと面白く仕上がってたと思います。

最終更新日:2019-12-11 13:22:55

広告を非表示にするには