カックン超特急 作品情報

かっくんちょうとっきゅう

本木荘二郎の原作を近江俊郎が監督したコメディ

平助と信吉は富士自動車の運転手と助手。ある日主任に呼ばれ東京行き特急便の乗務に廻され手当も千円上ると聞かされて大喜び。平助は早速女房のあきや娘の春子を相手にささやかに祝宴を張ってゴキゲン。信吉も恋人の邦枝と手を取り合って甘い恋の陶酔に。あくれば晴れの東京行き。女に甘い二人はまずおばの元に行く邦枝をのせて。さて邦枝をおろしてしばらく走ると、一人の女が思いつめた顔で崖下をのぞいている。投身?とかけよった二人は…。

「カックン超特急」の解説

本木荘二郎の原作を、「人形佐七捕物帖 腰元刺青死美人」の金田光夫と「坊ちゃんに惚れた七人娘」の松井稔が共同で脚色、「坊ちゃんに惚れた七人娘」の近江俊郎が監督したコメディ。撮影は「坊ぼん罷り通る」の杉本正二郎。(キネマ旬報 全映画作品データベースより抜粋)

公開日・キャスト、その他基本情報

キャスト 監督近江俊郎
出演由利徹 花岡菊子 白川晶雄
制作国 日本(1959)

ユーザーレビュー

レビューの投稿はまだありません。

「カックン超特急」を見た感想など、レビュー投稿を受け付けております。あなたの映画レビューをお待ちしております。

最終更新日:2016-02-12 16:00:50

広告を非表示にするには