ロストパラダイス・イン・トーキョー 作品情報

ろすとぱらだいすいんとーきょー

問題アリの兄弟とデリヘル嬢の、奇妙な関係の行方は…

マンション販売会社で働く幹生は、両親の死で一人になった知的障害者の兄・実生と暮らしていた。幹生は兄の性欲処理のため、ある日デリヘル嬢を呼ぶ。やってきたマリンという名の女性は、地下アイドルとしても活動していた。彼女は兄弟の家に不思議な居心地の良さを感じ、共同生活を始める。マリンにはいつか自分だけの島“ファラ・アイランド”を購入したいという夢があった。

「ロストパラダイス・イン・トーキョー」の解説

知的障害者の兄と二人で暮らす青年とデリヘル嬢の奇妙な共同生活を描き、もがきながらも、やがてそれぞれの現実と向き合っていく姿を温かい視点で見つめた人間ドラマ。諦めモードで日々を送っているサラリーマンを『ビルと動物園』の小林且弥が好演、風俗嬢と地下アイドルの2つの顔を持つ女を演じる、舞台中心に活躍する内田慈の子猫のような魅力にも注目だ。SKIPシティ国際Dシネマ映画祭やロッテルダム映画祭などで注目を集めた本作で長編映画デビューを果たした白石和彌監督は、若松孝二監督や行定勲監督のもとで演出を学んだ期待の新鋭。『ある朝スウプは』『ソラニン』などの脚本家・高橋泉が共同で脚本を担当していることにも注目したい。

公開日・キャスト、その他基本情報

公開日 2010年9月18日
キャスト 監督白石和彌
出演小林且弥 内田慈 ウダタカキ 奥田瑛二
配給 SPOTTED PRODUCTIONS
制作国 日本(2009)
上映時間 115分

(C)2009 Cine Bazar

手軽に動画で視聴する

ユーザーレビュー

レビューの投稿はまだありません。

レビューを投稿する

「ロストパラダイス・イン・トーキョー」を見た感想など、レビュー投稿を受け付けております。あなたの映画レビューをお待ちしております。

最終更新日:2019-03-13 15:22:33

広告を非表示にするには