トラブル・イン・ハリウッド 作品情報

とらぶるいんはりうっど

ハリウッドの大物たちが映画製作の内幕を暴露!? 映画プロデューサーの悲哀を描いたシニカル・コメディ

ハリウッドの映画プロデューサー、ベンがプロデュースしたショーン・ペン主演の映画『フィアスリー』の試写会が行われた。しかし、暴力的な内容から観客に酷評される。映画会社の社長からは結末を変更するように要請されるが、結末にこだわる監督は言うことをきかない。ベンは監督を説得しつつ、新作映画の準備にも奔走。しかし、次回作の主演スター、ブルース・ウィリスはヒゲ面で現れ、どう説得してもヒゲを剃ろうとしない…。

「トラブル・イン・ハリウッド」の解説

『アンタッチャブル』『ファイトクラブ』などのプロデューサーの回想録を映画化した、ハリウッドの内情を描いたシニカル・コメディ。ワガママで横暴な大物スターや、何よりも興行収入を重視する映画スタジオ社長、自分のこだわりを通そうとする映画監督らの姿を自虐的に描いている。プロデューサー役を演じるロバート・デ・ニーロは、実際に本作でプロデューサーを務めている。マイペースでワガママな大物映画スター役でショーン・ペンやブルース・ウィリスが実名で出演しているのも話題。監督は『バンディッツ』のバリー・レヴィンソン。一度の失敗ですぐに地位が危うくなるハリウッドのパワーバランスを、ユーモアたっぷりに皮肉って見せている。

公開日・キャスト、その他基本情報

公開日 2010年9月4日
キャスト 監督バリー・レヴィンソン
出演ロバート・デ・ニーロ ショーン・ペン キャサリン・キーナー ブルース・ウィリス ジョン・タトゥーロ ロビン・ライト・ペン スタンレー・ツィッチ
配給 フリーマン・オフィス
制作国 アメリカ(2008)
上映時間 104分

(C)2007 2929 Productions LLC

ユーザーレビュー

総合評価:3点★★★☆☆、1件の投稿があります。

P.N.「真浦塚真也」さんからの投稿

評価
★★★☆☆
投稿日
2017-05-06

ハリウッドの内情をユーモアたっぷりに描いており楽しんで観ることができました。ただ、主人公が流れに任されて右往左往しているだけなので、少し間延びしている印象を受けてしまいました。もう少し敏腕ぶりを発揮するシーンがあっても良いように感じます。

最終更新日:2017-05-11 16:02:06

広告を非表示にするには