女たちは二度遊ぶ 作品情報

おんなたちはにどあそぶ

愛されるより、忘れられない女になる

女たちはどこにでもいそうな女性として男たちの前に現れる。男たちは別れた後に、女が特別な恋人だったことに気がつく。たとえその恋が破れても、“忘れられない女”の称号をもらった女は、恋のカケヒキの勝者だ。そして、そんな女たちは、失恋しても必ず次の幸せをみつけられる引力の強い女なのだ……。男の記憶に鮮明に残った女たちの5つの物語。

「女たちは二度遊ぶ」の解説

忘れられない場所、忘れられない映画、忘れられない人…人生をほんな一瞬横切るシーンを積み重ねながら、人は生きている。それがなぜ心に残ったのか、理由が分からないこともある。心が波立った記憶だけは確かにあるのに…。芥川賞作家・吉田修一の切ないラブストーリーを『世界の中心で、愛をさけぶ』の行定勲監督が映像化。美しい5人の女たちを演じるのは、相武紗季、水川あさみ、小雪、優香、長谷川京子といった今をときめく女優たち。この女優たちの今まで知らなかった引力を、忘れられないシーンを紡ぐ天才・行定勲監督が見事に開花させている。男女を問わず、なぜかぐっときてしまう5人の魔性の表情は必見だ。(作品資料より)

公開日・キャスト、その他基本情報

キャスト 監督行定勲
原作吉田修一
出演相武紗季 水川あさみ 小雪 優香 長谷川京子
制作国 日本(2010)

ユーザーレビュー

総合評価:3点★★★☆☆、1件の投稿があります。

P.N.「泣ける映画大好き」さんからの投稿

評価
★★★☆☆
投稿日
2010-07-12

長谷川京子が主演した「つまらない女」と、優香が主演した「平日公休の女」は感動しましたし、小雪が主演した「夢の女」以外は面白かったです♪また、「どしゃぶりの女」は、男が帰宅するまで絶対食事しないで待っている女を演じた、相武紗季が無茶苦茶かわいかったです!「つまらない女」を演じた長谷川京子も、凄くかわいかったです!全体を通して思ったことは、「大切な人は手放すと後悔する」ということです!

最終更新日:2017-01-27 15:44:01

広告を非表示にするには