フローズン 作品情報

ふろーずん

もし、スキー場のリフトに取り残されてしまったら…

スキー場にやって来たダン、ジョー、パーカーは、夜になる前に最後の滑りを楽しもうとリフトに乗り込むが、山頂への途中でそのリフトが突然ストップしてしまう。ゲレンデが営業再開するのは1週間後。助けを求める叫びも届かず、食料もなく、携帯電話もない。氷点下20度の極寒の中、空中に置き去りにされてしまった3人は、なんとか脱出を試みるのだったが…。

「フローズン」の解説

スキー場のリフトの上に置き去りに――そんなバッド・シチュエーションに置かれた男女3人の、身も心も凍る恐怖を描くシチュエーション・スリラー。地上15メートル、気温マイナス20度、携帯も食料もないという最悪の状況で、寒さと飢え、そして孤独感にさいなまれる若者たちの姿を、圧倒的なリアリティで描きだしている。“仕掛け人”は『ソウ』シリーズのプロデューサー、ピーター・ブロックと新鋭アダム・グリーン監督、出演はケヴィン・ゼガーズ(『トランスアメリカ』)、ショーン・アシュモア(『X-MEN』シリーズ)ら若手注目株たち。「だれの身にも起こりえる」リアルなシチュエーションだからこそ、その痛々しさに恐怖心が煽られる。

公開日・キャスト、その他基本情報

公開日 2010年8月7日
キャスト 監督・脚本アダム・グリーン
出演ケヴィン・ゼガーズ ショーン・アシュモア エマ・ベル エド・アッカーマン ケイン・ホッダー ライリア・ヴァンダービルト
配給 ブロードメディア・スタジオ
制作国 アメリカ(2010)
上映時間 93分
TV放映 2020年11月14日 テレビ東京 サタ★シネ

(c)2009 FROSTBITE FEATURES, INC. All Rights Reserved.

手軽に動画で視聴する

ユーザーレビュー

総合評価:3点★★★☆☆、1件の投稿があります。

P.N.「ミスチーフジョーンズ」さんからの投稿

評価
★★★☆☆
投稿日
2010-09-08

観に行った動機は「暑いから」。期待どおり、体感温度が五度ほど下がった、ありがたい映画だった。今年が猛暑になることを予測して製作したのなら、先見の明だと思う。ただパニック映画としては「冷めた」作り。主人公に共感して、助かることを共に願うより、傍観者として「こうすれば良いのに」「これはまず無いでしょ」と思い、クールな観賞をしてしまう。(納涼に徹底している?)

最終更新日:2020-12-02 18:41:06

広告を非表示にするには