ザ・ウォーカー 作品情報

ざうぉーかー

D・ワシントンが救世主を演じる近未来アクション

核戦争により文明が崩壊した未来。世界で一冊だけ残る本を運び、30年間旅をしている男イーライ。しかし、彼はその目的地を知らない。本に触れる者をためらわずに誰でも殺すイーライだが、彼は旅の目的地を知らない。ひたすら西へ向かう――それだけを手掛かりに歩き続けている。ある日、とある小さな町に立ち寄ったイーライ。そこは、本を探し続ける独裁者カーネギーという男が独裁者として君臨する町だった……。

「ザ・ウォーカー」の解説

『フロム・ヘル』のヒューズ兄弟が、デンゼル・ワシントンを主演に迎えたSFサスペンス・アクション。世界が崩壊した近未来のアメリカを舞台に、この世に一冊だけ残った本を守りながら、西へと向かい孤独な旅を続ける男の姿をスタイリッシュな映像で描いている。ヒューズ兄弟のシャープな演出が光る1作だ。『マッドマックス』を想起させる世界観のもと、西部劇や時代劇のスタイルを取り入れたアクションが見どころ。また、本を探すもう一人の男を演じるゲイリー・オールドマン(『ダークナイト』など)の強烈な個性も秀逸。しかし、何よりも主人公イーライを演じるデンゼルが発揮する孤高のカリスマ性、かっこいい救世主ぶりに心酔したい。

公開日・キャスト、その他基本情報

公開日 2010年6月19日
キャスト 監督アルバート・ヒューズ アレン・ヒューズ
製作ジョエル・シルバー
出演デンゼル・ワシントン ゲイリー・オールドマン ミラ・クニス トム・ウェイツ
配給 角川映画、松竹
制作国 アメリカ(2010)
年齢制限 PG-12

(C)2010 Warner Bros. Ent. All Rights Reserved.

動画配信で映画を観よう!

ユーザーレビュー

総合評価:3点★★★☆☆、6件の投稿があります。

P.N.「kaku」さんからの投稿

評価
★★★★★
投稿日
2010-07-13

自分はこの映画の“本”を少しかじっていたのでよく理解できた。この“本”がいかに人々を動かして時代を動かしてきたのか。時代は混沌とした未来。まるで生きる理由が見当たらないような世界。物が溢れる社会で生きてる私たちには感じ取りにくい内容だけど、“本”の力と人の潜在意識をひしひしと感じた映画だった。最後には、えっ!?まさか!?と思うシーンもあって、ノーマークな映画だっただけにかなり楽しめました!

最終更新日:2021-04-14 19:15:48

広告を非表示にするには