劔岳 撮影の記―標高 3000メートル、激闘の873日 作品情報

つるぎだけさつえいのきひょうこうさんぜんめーとるげきとうのはっぴゃくななじゅさんにち

体感温度、氷点下40度。標高、3000メートル。撮影日数、200日越。仕事に、人生に、真摯に取り組んだ、魂のドキュメンタリー

2009年6月20日に全国公開された映画「劔岳 点の記」。浅野忠信はじめ日本を代表する俳優陣が演じ切った明治の人間の気高き佇まいと、前代未聞の、200日以上、標高3000メートル級の立山連峰にこもって撮影された自然の美しさと厳しさを存分に切り取った映像美で、多くの観客を魅了した。「劔岳 撮影の記 ―標高3000メートル、激闘の873日」は、ディレクター・大澤嘉工が、本クランクイン前から木村大作に密着、200日を超える山ロケ全てに同行し、合計収録時間は230時間以上、もはや単なる映画製作と言えない過酷な2年間の日々と環境、そこに人生を賭けた活動屋たちの迫真の魂のありように迫った、「前人未踏のドキュメンタリー」である。これは、映画撮影の記録ではない。人生そのものの激闘の証しである(作品資料より)

公開日・キャスト、その他基本情報

公開日 2009年11月14日
キャスト 監督・撮影大澤嘉工
出演木村大作 浅野忠信 香川照之 松田龍平 仲村トオル
配給 東映
制作国 日本(2009)

(C)2009「劔岳 撮影の記」製作委員会

ユーザーレビュー

レビューの投稿はまだありません。

レビューを投稿する

「劔岳 撮影の記―標高 3000メートル、激闘の873日」を見た感想など、レビュー投稿を受け付けております。あなたの映画レビューをお待ちしております。

最終更新日:2016-02-12 15:58:50

広告を非表示にするには