カケラ 作品情報

かけら

自分の“カケラ”を探す女の子たちの、東京発ガールズ・ムービー

大学生のハルは普通のどこにでもいるような女の子。ある時ハルは、事故や病気で失った身体のパーツを作るメディカルアーティストのリコと知り合う。ちょっとミステリアスでハッキリものを言うリコが気になるハル。最初はビックリしたものの、自分を好きだと言ってくれるリコにハルは心を開くようになり、安らぎを感じていく。「これって、恋?」ハルはますます自分の気持ちが分からなくなっていくのだった…。

「カケラ」の解説

2009年のロンドン・レインダンス映画祭でワールドプレミアされ話題を呼んだガールズ・ムービー。本作でデビューを飾った女性監督・安藤モモ子が、桜沢エリカのコミック「ラブ・ヴァイブス」を基に、ふわりふわりと揺れ動く女の子の気持ちを繊細に、かつ鋭く描いている。弱冠27歳とはいえ、父・奥田瑛二監督や行定勲監督の助監督としてキャリアを積んできた、叩き上げの実力派だ。主演には、『愛のむきだし』などで数々の新人賞に輝いた注目株・満島ひかりと、オーディションで選ばれた中村映里子。さらに『リンダリンダリンダ』の音楽も手掛けたことのある元スマッシング・パンプキンズのジェームズ・イハが音楽を担当していることにも注目。

公開日・キャスト、その他基本情報

公開日 2010年4月3日
キャスト 監督・脚本安藤モモ子
出演満島ひかり 中村映里子 永岡佑 光石研 根岸季衣
配給 ピクチャーズデプト
制作国 日本(2009)
上映時間 107分

(C)2009 ゼロ・ピクチュアズ

手軽に動画で視聴する

ユーザーレビュー

総合評価:2点★★☆☆☆、2件の投稿があります。

P.N.「ぼん」さんからの投稿

評価
★★☆☆☆
投稿日
2010-05-02

中村映見子の熱演が満島ひかりを上回った。こうなると満島の存在感が薄くなる。監督もまだまだ。脇毛にこだわった理由も今ひとつわからない。次の作品に期待したい。

最終更新日:2020-09-25 14:38:41

広告を非表示にするには