子育てごっこ 作品情報

こそだてごっこ

老放浪作家に育てられ学校教育も受けていない少女を引き取って育てる小学校教師夫婦の姿を描く

奥羽山脈の山々が連なる麓、岩手県衣川村から六キロほど山間部へ入った字大森の小学校分校に吉井信吉(38歳)と妻の容子(34歳)が赴任してから十三年が過ぎた。ある日、小説家を志す信吉の文学勉強仲間の本屋の主人立野が著名な放浪作家、星沢卓見老(81歳)とその娘リカ(11歳)を連れて分校にやって来た。星沢が孫と称して連れ歩くリカは実は入籍していない実の子供であり、しかも学齢を無視して全然学校教育を受けさせず、勝手気侭な子供として育てていると知った信吉は普通の就学児童として手許に引き取ることを星沢に申し出る。星沢も恩着せがましい態度ながら承諾する。分校の生徒の一人となったリ力は、星沢の影響を受け過ぎており、我侭と不作法で信吉夫婦をつぎつぎと手こずらせる。

「子育てごっこ」の解説

昭和五十二年前期直木賞受賞作である三好京三の同名小説の映画化で、脚本は「海軍特別年少兵」の鈴木尚之、監督は「あにいもうと(1976)」の今井正、撮影は「俺の空」の原一民がそれぞれ担当。(キネマ旬報 全映画作品データベースより抜粋)

公開日・キャスト、その他基本情報

キャスト 監督今井正
出演加藤剛 栗原小巻 加藤嘉
制作国 日本(1979)

ユーザーレビュー

総合評価:5点★★★★★、3件の投稿があります。

P.N.「やま」さんからの投稿

評価
★★★★★
投稿日
2018-07-04

子育てごっこの映画をぜひ見たいと思っているのですが、ビデオ化もされておらずスカパーなどの衛星放送でも放映されておらず見られる機会がなく残念に思っています。

最終更新日:2018-09-13 00:01:37

広告を非表示にするには