アンタッチャブル 感想・レビュー 3件

あんたっちゃぶる

総合評価5点、「アンタッチャブル」を見た方の感想・レビュー情報です。投稿はこちらから受け付けております。

P.N.「ディーガード(用心棒)」さんからの投稿

評価
★★★★★
投稿日
2021-04-11

犬猿する物事は、正義対悪義などありますが、水と油な関係は、日常でもあるもの。

上部を装う敬遠する(本心とは裏腹)度よりも、犬猿する生き方が、真実を生きている。ごまかして生きるのが、一番、最上の悪。

イヌイット精神を大切にするケビン・コスナーが犬のお巡りさん的たち位置で、ロバート・デ・ニーロが孫悟空的暴れもの、でしょう?
お猿と言うと日本人のイメージもあるが、大方、孫悟空、暴れんぼうであり、改心して、正義の味方にもなる。中国の隠れたヒーローである。

縄張りを大切にする猿的、マフィア。

法のルールを守る番犬的、財務官。

犬猿する関係。

私自身も、犬猿するマフィアの生き方にも、正義があり、学ぶものがある。

昔、読んだ本に、一番の悪は、自分を欺く、敬遠する生き方だと記憶する。

悪を超えた、最強の善、愛で生きるのが、本当の正義と成るのだろう。

P.N.「ボディーガード(用心棒)」さんからの投稿

評価
★★★★★
投稿日
2021-04-09

昔、ちらっと見ただけで、マフィア系として、犬猿して、マトモに鑑賞してなかった。改めて、劇場で鑑賞。

この作品で、一番輝いているのが、ケビン・コスナーですね。

あらゆる先輩方に囲まれて、何かを学びとろうと言う姿勢が、人として、魅力的です。

勿論、マスター的、ショーン・コネリーや圧倒的演技のロバート・デニィーロも、尊厳する先輩へのオマージュ的環境だから、実現したことと思います。

オマージュと言えば、冒頭、日本傘を手に、少し、ユーモアなシーンがあります。

勝手に、憶測すると、アメリカ訳した、『蒲田行進曲』が、『アン・タッチャブル』と言う気がします。任侠映画的アレンジ、深作欣二的超訳するとこうなる。

階段のシーンなんて、一番、わざとらしく、敢えて、オーバーに演出してますね。

そう言う視点で鑑賞すると、犬猿していた作品も、カポネが、チームワークが大切と残酷なシーンも、深いオマージュなんだと理解出来ます。

P.N.「pinewood」さんからの投稿

評価
★★★★★
投稿日
2019-03-27

本編にはエイゼンシュテイン監督のサイレントclassicの金字塔の映画「戦艦ポチョムキン」の有名なOdessaの階段シーンへのオマージュが在った。同じく映画「カリートの夜」の地下鉄エスカレーターの銃撃戦でもそんな演出が見られたねぇ🎬

最終更新日:2021-12-04 09:34:22

広告を非表示にするには