守護天使 作品情報

しゅごてんし

フツーの人にチョットの勇気をくれるヒーロー映画誕生

薄給メタボで恐妻家のサラリーマン・須賀は、鬼嫁から500円のお小遣いをもらい満員電車で会社に向かう。通勤途中の駅で虎の子の500円を落とした彼は、拾ってくれた優しい女子高生の涼子に一目ぼれしてしまい、勝手に彼女を守ることを決意する。その事を幼馴染のチンピラ・村岡に相談するも、「いまどきの女子高生は乱れてるぞ」と一蹴される。おまけに、彼女が書いたらしいブログには、彼女の淫らな日々がつづられていて…。

「守護天使」の解説

さえないサラリーマンが初恋に一念発起して、闇サイトの罠に捕まった女子高校生を魔の手から守るために立ち上がるラブ・コメディー。映画初主演となるお笑い芸人・カンニング竹山が、いつもの“キレキャラ”を封印して、真面目でひたむきな中年サラリーマンを好演、観る者に勇気を与える人生賛歌でもある。監督は、『キサラギ』でブルーリボン賞など数々の映画賞を受賞した佐藤祐市。『アフタースクール』『間宮兄弟』などの演技派・佐々木蔵之介や寺島しのぶ、大杉漣、柄本祐、バナナマン日村など、強力かつひと癖もふた癖もある俳優陣を配し、『キサラギ』でも冴えわたった各キャラクターの造形に手腕を発揮している。

公開日・キャスト、その他基本情報

公開日 2009年6月20日
キャスト 監督佐藤祐市
出演カンニング竹山 佐々木蔵之介 與真司郎 忽那汐里 寺島しのぶ
配給 エイベックス・エンタテインメント
制作国 日本(2009)

(C)2009『守護天使』製作委員会

ユーザーレビュー

総合評価:4.5点★★★★☆、2件の投稿があります。

P.N.「おばちゅう」さんからの投稿

評価
★★★★
投稿日
2009-07-11

十分に楽しめた佐々木蔵之介さん格好良かったですね


レビューを投稿する

「守護天使」を見た感想など、レビュー投稿を受け付けております。あなたの映画レビューをお待ちしております。

最終更新日:2017-01-27 15:44:28

広告を非表示にするには