日本の熱い日々 謀殺・下山事件 作品情報

にほんのあついひびぼうさつしもやまじけん

昭和24年に起きて今だに多くの謎を残す、国鉄初代総裁下山定則が列車線路上に轢断死体で発見された“下山事件”を改めて追求する

昭和24年7月、敗戦後の騒然とした雰囲気の中で労働運動は大きく高揚していた。昭和日報の社会部記者・矢代は、上野に集結するシベリヤからの復員兵たちの集会を取材していたが、その時、下山国鉄総裁の行方不明を知らされた。翌朝、下山の死体が発見されると、政府はいち早く他殺説に近い立場をとり、各新聞の主張も自殺説と他殺説に分かれた。この中で昭和日報は、他殺の線ですすめるべく、矢代に東大法医学研究室を取材させた。矢代は遺体解剖を行なった和島博士の「死体轢断の鑑定は絶対に間違いない」という言葉で他殺説に自信を持つが、一方、事件現場近くで下山の姿を見たという証言者が現われたり、東大鑑定に対する慶応の異論も出て、自殺説がクローズアップされてきた。しかし矢代は他殺の臭いを執拗に追い続け、東大研究室に通い続けるうちに、轢断現場近くに、大山の死体を運んだ時についたと思われる血痕を自らの手で発見する。

「日本の熱い日々 謀殺・下山事件」の解説

矢田喜美雄の原作「日本の熱い日々 謀殺・下山事件」の映画化で、脚本は「犬笛」の菊島隆三、監督は「天平の甍」の熊井啓、撮影は「翔べイカロスの翼」の中尾駿一郎がそれぞれ担当。 (キネマ旬報 全映画作品データベースより抜粋)

公開日・キャスト、その他基本情報

キャスト 監督熊井啓
出演仲代達矢 山本圭 浅茅陽子 岩崎加根子 中谷一郎 橋本功 江幡高志 平幹二朗 稲葉義男 新田昌玄
制作国 日本(1981)

ユーザーレビュー

総合評価:5点★★★★★、1件の投稿があります。

P.N.「pinewood」さんからの投稿

評価
★★★★★
投稿日
2019-01-15

NHKテレビで制作された小林桂樹が下山国鉄総裁役のドラマを視聴していてモノクロの本編を想い出した。ドラマは未解決事件を追う捜査員の執念と実行犯らしき者が25年後に名乗り出る等mysteryな展開を遂げ。

最終更新日:2019-01-20 16:00:04

広告を非表示にするには