リリィ、はちみつ色の秘密 作品情報

りりぃはちみついろのひみつ

蜜蜂に導かれ少女は真実の愛を知る

1964年の夏、14歳のリリィは幼い頃に自分のせいで死んだ母の愛を確かめたくて、父T・レイに黙って旅に出る。制定されたばかりの公民権法の甲斐もなく白人の嫌がらせを受け怪我をした挙げ句警察に連行された黒人家政婦のロザリンを助け出し、向かった先は母に縁のある町ティブロン。そこで2人はボートライト三姉妹と出会う。長女のオーガストは養蜂家で、黒い聖母像のラベルのはちみつを作っていた。

「リリィ、はちみつ色の秘密」の解説

ひたすら愛されたいと願う少女が、知的で独立心に富んだ女性たちの優しさに包まれ、たくましく成長して行くひと夏を描いた感動の物語。生きていれば決して消えることのない深い悲しみがあることを知り、その上で自分を許すことも学ぶ主人公リリィを天才子役ダコタ・ファニングが繊細に演じ、さらにジェニファー・ハドソン、アリシア・キーズらアカデミー賞やグラミー賞に名を連ねる多才な実力派女優陣が見事なアンサンブルを見せる。中でも、養蜂家オーガスト役を好演するクィーン・ラティファの包容力は抜群だ。原作はスー・モンク・キッドの世界的な同名ベストセラー小説。製作陣にはウィル・スミス夫妻も参加している。

公開日・キャスト、その他基本情報

公開日 2009年3月20日
キャスト 監督・脚本ジーナ・プリンス=バイスウッド
原作スー・モンク・キッド
出演ダコタ・ファニング ジェニファー・ハドソン アリシア・キーズ クイーン・ラティファ ソフィー・オコネドー
配給 20世紀フォックス映画
制作国 アメリカ=カナダ(2008)

(c)2008 Twentieth Century Fox

手軽に動画で視聴する

ユーザーレビュー

総合評価:5点★★★★★、1件の投稿があります。

P.N.「邦画!邦画!邦画!」さんからの投稿

評価
★★★★★
投稿日
2009-04-12

いいなぁ…心に強くそして優しく響きます。気持ちのいい涙。邦題は少女趣味で的外れですが内容は素晴らしい。


レビューを投稿する

「リリィ、はちみつ色の秘密」を見た感想など、レビュー投稿を受け付けております。あなたの映画レビューをお待ちしております。

最終更新日:2019-03-22 14:17:59

広告を非表示にするには