秋深き 作品情報

あきふかき

女は、男が愛した「おっぱい」を守りたかった。

中学校教師の寺田は、大阪・北新地のクラブのホステス、一代に惚れ込み、酒も飲めないのに、毎日店に通いつめていた。親が持ってくる見合い話にうんざりした寺田は、意を決して一代にプロポーズ。一代も寺田の一途な愛を受け入れることに。寺田は家を飛び出し、二人の生活を始めた。しかし、暮らし始めてすぐ、一代の過去の男性遍歴が次々と見え、寺田は過去への嫉妬に苦しむように。そんな時、一代が「乳がんになった」と告白する。

「秋深き」の解説

「夫婦善哉」で知られる昭和の文豪、織田作之助の短編をモチーフに、現代に生きる不器用な男女の純愛映画が生まれた。中学校教師、寺田は、ホステスの一代にプロポーズし、結婚する。生真面目で恋愛経験もない寺田は、一代の過去の男性関係が気になって、1人妄想し奔走する。それを知りながら一代は大きな愛情で寺田を見守るのだった。一代を失いたくない一心の寺田の暴走ぶりに泣いたり笑ったり。クライマックスに明かされる一代の秘密には、涙がこぼれるハズ。主演は、「トリビアの泉」の司会を務めた八嶋智人、『腑抜けども、悲しみの愛を見せろ』の佐藤江梨子。後半に登場する佐藤浩市の演技にも注目。監督は、『ハサミ男』の池田敏春。

公開日・キャスト、その他基本情報

公開日 2008年11月8日
キャスト 監督池田敏春
原作織田作之助
主演八嶋智人 佐藤江梨子 赤井秀和 渋谷天外 山田スミ子
配給 ビターズ・エンド
制作国 日本(2008)

(C)2008「秋深き」製作委員会

手軽に動画で視聴する

ユーザーレビュー

総合評価:4.33点★★★★☆、3件の投稿があります。

P.N.「いいね」さんからの投稿

評価
★★★★
投稿日
2008-12-01

なぜか、花嫁衣装にひかれてみました。久しぶりに笑い、そして泣きました…あんなにだれかを愛せるなんて、私にはできないから羨ましいです。一代がブラジャ-を燃やす時、女としてどんな気持だったのか、とても切なかったです。寺ちゃんの強いそしてゆるぎない愛に、一代は安心してあの世に行ったのではないでしょうか。この季節にしみじみきました。

最終更新日:2020-10-27 16:47:00

広告を非表示にするには