昭和残侠伝 吼えろ唐獅子 作品情報

しょうわざんきょうでんほえろからしし

「昭和残侠伝」シリーズ八作目

長い獄中生活を終えた秀次郎は、前橋の黒田一家にワラジをぬいだことから、風間文三という若衆を追って長野へと旅立った。文三は、対立する一家の親分を殺し、旅にだされたが黒田の女房おみのまでが、文三の後を追って逃げたことから黒田の怒りをかったのだ。小諸で文三を捜しだしたものの、おみのは一足先に、金沢に住む文三の兄重吉のもとへ旅立った後だった。金沢の町は、地元三州政治一家と稲葉一家が、工事の入札をめぐって不穏な空気に包まれていた。秀次郎は稲葉一家にワラジをぬぎ、又、文三はおみのが旅の途中、病気にかかり政治一家の厄介になっていることを知る。早速、政治一家におみのをひき取りにいった秀次郎は、昔の恋人加代が政治の女房になっていることを知ると愕然とする。

「昭和残侠伝 吼えろ唐獅子」の解説

「昭和残侠伝」シリーズ八作目。脚本は「新網走番外地 嵐呼ぶ知床岬」の村尾昭。監督は「現代やくざ 盃返します」の佐伯清。撮影も「新網走番外地 嵐呼ぶ知床岬」の星島一郎がそれぞれ担当。 (キネマ旬報 全映画作品データベースより抜粋)

公開日・キャスト、その他基本情報

キャスト 監督佐伯清
出演高倉健 池部良 松原智恵子 松方弘樹 光川環世 由利徹 葉山良二 諸角啓二郎 植田灯孝 小林稔侍
制作国 日本(1971)

手軽に動画で視聴する

ユーザーレビュー

レビューの投稿はまだありません。

「昭和残侠伝 吼えろ唐獅子」を見た感想など、レビュー投稿を受け付けております。あなたの映画レビューをお待ちしております。

最終更新日:2019-11-14 09:28:17

広告を非表示にするには