イキガミ 作品情報

いきがみ

死んだつもりで生きてみろ

初のテレビ出演を翌日に控えているギタリストの田辺翼は、ボーカルと反りが合わず、悩んでいた。元々、親友の秀和とコンビを組み、路上で歌っていたが、翼ひとりだけがスカウトされ、事務所に決められたボーカリストとデュオを組まされたのだった。そこに、厚生保健省の藤本という男が現れ、「イキガミ」を渡される。「イキガミ」とは、18歳から24歳までの若者に国から発行され、受け取った者は24時間後に死亡することになる…。

「イキガミ」の解説

「週刊ヤングサンデー」に連載された間瀬元朗原作の人気コミックを映画化。「国家繁栄維持法」が施行された日本。子供たちは小学校入学時にナノ・カプセルが注射され、その中の誰かが18歳から24歳の間に、国家のために死ぬ運命にあるのだった。原作は、読み切りものとしてスタートしたが、映画では、3人の主人公が「イキガミ」を渡され、それぞれの最後の24時間を通して、生きるとはどういうことなのかを問いかける。笹野高史扮する厚生保健省課長の「常に全身全霊で生きていれば、人生は違ったはず」というセリフは、多くの人の心に突き刺さるはず。出演は、松田翔太、塚本高史、成海璃子他。フィルハーモユニークが歌う主題歌が印象的。

公開日・キャスト、その他基本情報

公開日 2008年9月27日
キャスト 監督瀧本智行
原作間瀬元朗
出演松田翔太 塚本高史 成海璃子 山田孝之 柄本明 劇団ひとり 金井勇太 佐野和真 井川遥 笹野高史 風吹ジュン
配給 東宝
制作国 日本(2008)
上映時間 133分

(C)2008間瀬元朗/映画「イキガミ」製作委員会

手軽に動画で視聴する

ユーザーレビュー

総合評価:4.38点★★★★☆、26件の投稿があります。

P.N.「おばちゅう」さんからの投稿

評価
★★★★★
投稿日
2009-05-24

泣いてしまいました。一緒に観に行った子も涙が…こんな法律がもしも本当にあったらゾットしますが…山田孝之の演技は上手かった。今まで観た映画の中ではベスト5に入ります。

最終更新日:2019-11-14 11:01:34

広告を非表示にするには