赤んぼ少女 作品情報

あかんぼしょうじょ

山口雄大監督が挑んだ、切ないヒューマン・ホラー

孤児院で育った15歳の美少女・葉子は、生家である南条家に引き取られる事になった。森に囲まれた広大な敷地に佇む洋館、初めて会う両親との新生活。「南条葉子です」―新しい名前を口にして胸をときめかせていた。だがやがて彼女は屋敷の異常さに気付き始める。部屋に一人でいるとき、突然何者かに足を掴まれたのだ。それはタマミという、もう一人の南条家の娘だったのだ。醜い容姿、赤んぼのまま成長できないという…。

「赤んぼ少女」の解説

このところ実写映画化が続く楳図かずお原作のトラウマ漫画「赤んぼ少女」を、『地獄甲子園』『魁!!クロマティ高校』等での強烈な作風が持ち味の山口雄大監督が映画化!監督独特のギャグを交えた“はちゃめちゃ”な展開はなりをひそめ、“切ないホラー”の楳図ワールドを見事に作り出している。先行上映された「ゆうばり国際ファンタスティック映画祭」での上映後には、タマミのせつない行動に涙する女性が続出した(!)という。『ぼくたちと駐在さんの700日戦争』「こわい童謡」などに出演し、本作が初主演となる注目の新人女優・水沢奈子に加え、両親役には野口五郎、浅野温子(原作の大ファンだとか)という異色のキャスティングにも注目。

公開日・キャスト、その他基本情報

公開日 2008年8月2日
キャスト 監督山口雄大
原作楳図かずお
出演水沢奈子 浅野温子 野口五郎 斎藤工 堀部圭亮
配給 日活
制作国 日本(2008)
年齢制限 R-15
上映時間 104分

(c)2008 楳図かずお・小学館/「赤んぼ少女」フィルムパートナーズ

ユーザーレビュー

レビューの投稿はまだありません。

「赤んぼ少女」を見た感想など、レビュー投稿を受け付けております。あなたの映画レビューをお待ちしております。

最終更新日:2016-02-12 15:55:08

広告を非表示にするには