パコと魔法の絵本 作品情報

ぱことまほうのえほん

ワガママ大富豪と一日しか記憶が持たない少女の友情物語

一代で会社を作り、我侭放題に生きてきた大貫は、持病で入院していた。病院には、患者も医者も看護婦もクセのある者ばかりが集まっていた。その中で唯一、ピュアな心を持っていたのが、交通事故で入院した少女パコ。我侭な大貫だったが、パコの優しい心に打たれ、毎日、絵本を読み聞かせるように。しかし、事故の後遺症でパコの記憶が一日しか持たないと知った大貫は、パコのために絵本をお芝居にしようと病院の人々に呼びかける。

「パコと魔法の絵本」の解説

『下妻物語』、『嫌われ松子の一生』など、カラフルで毒のある作品を放ってきた中島哲也監督作品。原作は、後藤ひろひとの舞台「MID SUMMER CAROL ガマ王子VSザリガニ魔人」。我侭で孤独な老人と清らかな心を持った少女の交流をシニカルに描いたブラックなファンタジー映画。“病的”な人々が繰り広げるカオスなクライマックスが見どころ。意外なオチもナイス。主演は、役所広司、アヤカ・ウィルソン、妻夫木聡、阿部サダヲほか。日本映画界を代表する豪華キャストだが、ほぼ全員がこれまでと全く違った役に挑んでいるのに拍手を送りたい。特に、これまでのキャリアを全て捨てるかのような汚れ役を演じた妻夫木聡は絶賛もの。

公開日・キャスト、その他基本情報

公開日 2008年9月13日
キャスト 監督・脚本中島哲也
原作後藤ひろひと
出演役所広司 アヤカ・ウィルソン 妻夫木聡 土屋アンナ 阿部サダヲ 加瀬亮 小池栄子 劇団ひとり 山内圭哉
配給 東宝
制作国 日本(2008)
上映時間 105分

(C)2008 「パコと魔法の絵本」製作委員会

手軽に動画で視聴する

ユーザーレビュー

総合評価:4.53点★★★★☆、53件の投稿があります。

P.N.「大1→大2」さんからの投稿

評価
★★☆☆☆
投稿日
2009-10-31

パコの役の子には魅力を感じましたが…、あまりそれ以上のものを感じませんでした。

最終更新日:2019-05-15 10:23:42

広告を非表示にするには